アイロンのスチームが出ないけどつまっているの?掃除するにはどうしたらいい?

日々の洋服のお手入れに、スチームアイロンを利用している人は多いと思います。

アイロンは単純な構造ではありますが、使用しているうちに不具合がでてくることもあります。

ここでは、アイロンのスチームが出ないときの対処法について紹介します。

スポンサーリンク



アイロンのスチームが出ないのは故障なの?

スチームアイロンは、洋服のしわ伸ばし、消臭、除菌等の効果があり、日常の洋服のお手入れにとても便利なものです。

アイロンの使用頻度にもよりますが、頻繁に使用する場合には、1年もたたないうちにスチームが出なくなることがあります。

これは、アイロン自体の不具合といった可能性もありますが、日常の使用によってスチームの噴出穴が詰まってしまったことが原因の場合もあります。

詰まりが原因の場合には、スチームの噴出穴をよく観察してみると、何かが詰まっていることが確認できるかと思います。

この場合には、詰まりの原因を取り除くことでスチームは復活します。

なぜ、詰まりが生じるか、それは、小さなごみが原因である場合や、水道水に含まれるカルキが原因である場合があります。

水道水を使っていると、蛇口やその周りに白い水垢が生じることを見たことがあるかと思います。

ステンレスであれば、とても目立つ汚れです。

スチームアイロンを使用するときに水道水を使うことが多いかと思いますが、その水道水に含まれるカルキが、日常の使用によってスチーム噴出穴に蓄積され、塊になり、詰まりの原因となるのです。

スポンサーリンク



アイロンのスチームがつまってるの?

上記のように、アイロンのスチーム噴出穴が詰まってしまっている場合には、詰まりの原因を取り除きましょう。

実は、アイロンの日常のお手入れ方法については、商品の取扱説明書に記載されています。

アイロンの使い方は大体同じようなものですし、真剣に取扱説明書を読む、という人はあまり多くはないのではないかと思います。

機種にもよりますが、多くの場合には、スチーム噴出穴のつまり解消法として、針やピンなどで詰まりを取り除き、濡れた布で拭くように記載されています。

機種によっては、さらに、不要の布地の上で数回スチームショットをするよう記載されていることでしょう。

それでもスチーム噴出穴の詰まりが解消しない場合は、詰まりの原因であるカルキを除去するために、酢、またはレモン汁を数滴、アイロンのタンクに入れて電源を入れてみてください。

酢にはカルキを分解する効果がありますので、徐々に噴出穴から蒸気が噴出して、スチームが復活します。

スチームが復活したら、臭いなどが残らないようにタンクを十分水ですすいでください。

日常的な手入れも必要ですが、根本的な原因を取り除くためには、スチーム使用時に水道水を使わずにミネラル分を除いた精製水を使用する、という方法もあります。

アイロンのスチームのところを掃除するには?

アイロンのスチーム部分を掃除するには、日常のお手入れとして、使用後にはスチーム面を濡れ布巾で拭き、スチーム噴出穴が詰まっている場合には、針やピンなどで詰まりを取り除きます。

スチーム面に、糊などの汚れが付着していた場合には、その汚れが焦げて茶色くなってしまいます。

また、スチーム噴出穴から茶色の水がでてきた時には、スチーム面の汚れが噴出穴に入り込んでしまっていたり、スチーム内の水が残って錆が溶出してしまった可能性があります。

スチーム面が茶色くなってしまった場合は、少量の重曹を含ませた雑巾で擦ったり、メラミンスポンジを利用して汚れを擦り落としましょう。

噴出穴の汚れも、スチーム面を掃除するときに合わせて行い、汚れをかき出すときには、針やピンのほか、歯ブラシなどを利用しても良いでしょう。

アイロンの内部の汚れ全体を除去する場合には、前述のように、酢やレモン汁を用います。

タンクに酢やレモン汁が残らないように十分すすぐとともに、仕上げとしてタンクに再度水を入れて蒸気を出し、スチームを噴出させて雑巾などに汚れを吸い取らせましょう。

まとめ

ここでは、スチームアイロンの詰まりや汚れの解消法について紹介しました。

スチームに不具合を感じたら、この方法をぜひ試してみてください。

スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA