香典の金額の書き方で三千円を中袋なしの場合はどう書けばいい?連名のときはどうやって書くの?

香典に対して日頃から準備している人って、あまりいないのではないでしょうか?

でも、訃報は本当に突然知らされます。

あまり前もって準備しておくものではありませんが、袋と香典の額の目安を記録したものくらいはいつでも出せるようにしておきたいものです。

そうすれば、突然のことにも対応できますね。

スポンサーリンク



香典の金額の書き方で三千円はどう書くの?

香典の金額は、贈る相手によって金額も変わります。

正式な書き方は旧漢数字を用いて、縦書きにするのが礼儀でもあります。

この根拠は、戸籍法などの法律文書での故意による金額の書き換えや改ざんを防ぐためだと言われています。

実際、過去に書き換えの事例があったのも事実なのです。

例として三千円を挙げてみましょう。

まずは縦書きの場合ですが、先程述べたように旧漢数字を用いて書きます。

「金参千円」または「金参千圓」と書きますが、旧式の「千」の漢数字には何種類かあるようです。

ですが、現代では略式で普段使っている漢数字を書いても問題はありません。

次に横書きですが、この場合は旧漢字を使わずにアラビア数字で書くのが普通です。

三千円ならば、普通に3,000円と書き、桁数をわかりやすくするためにもコンマを付けましょう。

横書きについては、このタイプの香典袋がごく最近出てきたので正解例として挙げられているものはないようです。

ただ、金額の後に「也」は縦書きでも横書きでも不要です。

スポンサーリンク



香典の書き方で中袋なしの時はどう書くの?

香典袋には「中袋」といってお札を入れる為の袋が付いているときがあります。

この袋が付いているのが普通で、これには中に入っている金額や送り主の住所などを書きます。

この中袋がなければ、香典袋の裏面左下に住所と金額を先程のように漢数字で記入します。

今はこの住所を参考に郵送で香典返しを送る場合が多いので、郵便番号も書き添えると相手側にとっては助かりますね。

中袋がない為に、金額や住所を書かないでしまうのは、逆に失礼に当たります。

中袋はたいていついていますが、袋の値段が安価の場合などではついていない時もあります。

また、中袋に住所・氏名・金額が書けるように印刷されているタイプもあります。

それが横書きの場合は、そのまま横書きで数字もアラビア数字で書いてもかまいません。

でも、基本は縦書きにするということを覚えておくと良いでしょう。

金額を書く理由として、まず香典を受け取った際にその場で金額を確認する地域があるのです。

逆に袋を開けないという地域もあることから、袋に金額をあらかじめ書いておく必要があるというわけです。

香典を連名で出すときの金額は?

香典は故人に対して、一人が贈るものとは限りません。

会社関係や友人なら、故人に対してお世話になった複数で贈ることもあります。

私も親しい友人が亡くなった時は、友人とお金を出し合い一つの香典袋に入れました。

こういった場合、差出人はどう表記すればよいのでしょうか。

この場合にもきちんとしたマナーがあるのをご存知でしたか?

少人数(5人くらいまで)で贈る場合は、差出人の氏名をフルネームでバランスを考えて書きます。

このとき、ただ並べればいいわけではありません。

名前の中で立場が上位にいる人を、右から順に書いていくのがマナーのひとつです。

この書き方での連名なら4~5人がやはり限度でしょう。

この人数より多く10人以上にも及ぶのであれば、表書きには全員載せるのは不可能ですね。

この場合は代表者(連名の中でも立場が一番上の人)の氏名を中心に書き、その左側に小さめに「他❍名」や「他一同」などと記入します。

次に、中袋がある場合は袋の裏に代表として書いた人以外の氏名を書きます。

中袋がない場合は、便箋などの別紙に全員の名前を記入して香典袋に入れてもいいいいでしょう。

中袋に書くときも袋の表面いっぱいに書くようなら、見た目も悪いので人数と書き方のバランスを考えて別紙に書くことをお勧めします。

もう一点注意すべきなのが、各個人の額が多すぎても少なくてもいけないということです。

各個人の額が3000円以下の場合は、ご遺族に香典返しの心配をさせないという心遣いの意味で、連名だとしても個々の氏名は書かない方がいいと思います。

3000円というのはあくまで目安ですが、そのくらいの金額か、または上回るときは個別に包んでもおかしい事ではありません。

香典返しは先方が決めることですし、お返しは少額でも必ずするというご遺族も多いです。

まとめ

香典といってもマナーや決まりごとはいろいろあるものです。

でも、しきたりやマナーを大事にする日本らしい行いだと感じます。

故人に対する礼儀と感謝の気持ちを香典に込めて、故人を偲ぶという何と素晴らしい日本の文化でしょう。

この文化をぜひ子の世代、さらに下の世代にも引き継いでいって欲しいですね。

スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA