香典のお札の向きに理由はある?枚数は偶数か奇数か?

突然の訃報に驚き、悲しみ、動揺する、これは当然のことです。

訃報を受け、まず頭に浮かぶのが葬儀のことではありませんか?

通夜と葬儀の両方に参列すべきか、香典をいくら包めばいいだろうか、など疑問は次々に浮かんでくると思います。

私も会社の同僚や友人、親族などいろいろな立場の人の葬儀に参列してきましたが、一番悩んだのは香典に関してのことでした。

落ち着いたころに、いろいろな風習がありマナーもあることを知ったのです。

スポンサーリンク



香典の時のお札の向きは?

一般的に、香典などの不祝儀に包むお金は古札で、ご祝儀に包むのが新札であると聞きます。

同じお金であっても、場合によってお札も選ばなければいけないように、香典にも決まりごとがありました。

お札は人物が描かれている方が表で、その反対側が裏になります。

香典として包む場合、中袋を香典袋に入れて表から見たときにはお札が裏になっているように入れましょう。

上下の向きは、香典を渡す時にはお札に描かれた顔が下を向いている状態が正しい入れ方となります。

土地柄によってはもっと複雑な入れ方もあるようですが、香典袋を購入すると包のビニール袋に入れ方が説明されたものも多く販売されていますので、気を付けてみてみるといいでしょう。

正しい入れ方とは説明しましたが、実際葬儀にかかわってみると、向きは本当にさまざまでした。

香典の本来の意味から考えると、お札の向きが決まっていなくても気持ちに変わりはないのでさほど気にすることはないとも言えます。

ご遺族の方は、直接香典袋からお札を出して見ることはあまりないことですし、香典を持参したという気持ちを尊重すべきだと思います。

スポンサーリンク



香典のお札の向きの理由はどうして?

では、なぜ香典でのお札は裏になっているのでしょう。

これはお札に描かれた人物を下に向けることで、「悲しみで顔を伏せる」という意味があるそうです。

このほかにも諸説あるようですが、もともと裏でなければならないという決まりはありません。

お札の向きだけでなく、新札を用いるべきではないというのもマナーとはちょっと違うようです。

これが本当だとすれば、急に訃報が入り葬儀に参列するにあたって香典を用意しようとしたが、新札一枚しかなかった場合、どうにかして古札を工面しなければならなくなりますね。

考えてみたらおかしな話です。

香典を準備しているうちに葬儀に遅れる方が、よほど失礼に当たるのではないでしょうか。

これと同じ考え方で、お札の向きがどうであろうと、贈る側の気持ちがこもっていて遺族の方のお役に立てるなら結果としていいのではないかと思います。

ただ、ご年配の方は古くからのしきたりを重んじるので、可能であれば従うのもいいと思います。

お札の向きの作法は、特に決まっていないのですが気配りから伝わったマナーであるといえます。

香典の時のお札の枚数に決まりはある?

香典に関しては、マナーが存在するものとしないものがあることがわかってきましたが、お札の枚数はどうでしょう。

例えば五千円だとすれば、千円札5枚・五千円札1枚というお札の入れ方がありますね。

どれも同じ五千円にはなりますが、枚数に差があるため袋の厚みも若干違ってきます。

五千円くらいまでなら千円札5枚でも失礼には当たりませんが、その上の金額を包むのであれば枚数は極力少なく入れる方が常識です。

昔から「偶数は香典には入れるべきではない」という名残も残っています。

偶数は割り切れることから、故人とこの世のつながりが切れるという意味を持ち、避けられてきたようです。

似たような意味ですが、「死」「苦」に関係するといわれる4と9の数の金額も避けるべきです。

だからといって香典を返されるということは決してありません。

香典が本来持つ意味は、急な不幸によって遺族側に出費が生じることへの援助ということも含まれており、思いやりの心を表していることを忘れなければ自然と常識的な行動を取れるでしょう。

まとめ

香典にはいろいろなマナーがあるのには、本当に驚きました。

これからもし香典を贈ることがあれば、実行したいしきたりがいくつかありました。

小さい事と思うかもしれませんが、そこに気を付けるだけで香典を贈る側もいただく側も気持ちが違ってくるような気がします。

故人への想いを忘れずに、香典に託して贈りたいものですね。

スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA