赤ちゃんの洗濯洗剤は大人と一緒なの?分けるの?柔軟剤は使ってもいいの?

赤ちゃんの肌はデリケートなので、肌着や洋服の洗濯のときに、大人の服と同じように洗ってもいいのか気になる人も多いことでしょう。

新人ママは、特に気になるのではないでしょうか。

ここでは赤ちゃんの衣類の洗濯について説明します。

スポンサーリンク



赤ちゃんの洗濯洗剤は大人と一緒でもいい?

赤ちゃんの肌は、大人と比べて皮膚も薄く、とてもデリケートです。

肌への刺激として、直接肌に触れる衣類による刺激もあり、洗剤に含まれる化学成分が衣類に残ってしまうと、それが刺激となり、肌荒れの原因となることもあります。

洗濯洗剤に含まれる成分として、界面活性剤、蛍光漂白剤があり、これらは汚れを落とし、衣類を白く仕上げることができる効果があるので重宝されますが、これらの化学成分が赤ちゃんの肌にとっては大きな刺激となります。

そのため、赤ちゃん用の衣類を洗濯するときには、これらの成分が含まれていない、いわゆる赤ちゃん衣類用の洗剤を選んだほうが、よりよいと言えます。

しかし、1日のうちで頻繁に着替えをする赤ちゃんの衣類を、大人のものと分けて洗濯をする、というのは、時間も労力もかかるものです。

汚れのひどいものは別に洗濯をすることとして、大人用の洗濯洗剤でも、肌の弱い人向けの、低刺激の洗濯洗剤もありますので、赤ちゃんの肌への刺激を気にするのであれば、大人と一緒に洗濯をする場合でも、低刺激の洗濯洗剤を使用するとよいでしょう。

スポンサーリンク



赤ちゃんの洗濯は分けるもの?

赤ちゃんの肌が大人よりも刺激に弱い理由は、肌のバリア機能にあります。

肌のバリア機能は成長に伴い成熟してきますが、赤ちゃんの場合はそれが未成熟なので、乾燥しやすく、ちょっとした刺激にも弱い状態と言えます。

そのため、上述のように洗濯洗剤に含まれる化学成分によっても肌荒れを起こす場合があります。

これは、赤ちゃんに限ったことではなく、肌の弱い子供や大人にも言えることですが、洗濯洗剤にも、肌に合う合わないがあります。

赤ちゃんの肌がデリケートとはいえ、思っていた以上に肌が弱く、保湿をしても効果が薄く、洗剤を変えたほうがよいと考えた場合には、赤ちゃんの衣類は、大人のものと分けて、赤ちゃん用の洗濯洗剤を使用したほうがよいでしょう。

家庭によっては、洗濯も洗剤も大人のものと一緒にしている、という家庭もありますし、新生児のうちは大人のものと分けて洗濯をしている、という家庭もあります。

必ず分けるべき、ということではありませんし、家庭によって考え方もあるでしょうから、赤ちゃんの様子を見ながらベストだと思う方法を選ぶとよいでしょう。

赤ちゃんの洗濯に柔軟剤を使ってもいい?

洗濯もののふんわり感や香りを好んで、柔軟剤を使用している家庭は多いかと思います。

 肌への刺激については前述したとおりですが、赤ちゃんにとっては柔軟剤に含まれる界面活性剤や香り成分も刺激になります。

 柔軟剤に含まれる香料の成分は、大人にとっては心地よいものであっても、様々な感覚が敏感な赤ちゃんにとっては強い刺激となります。

 香料にも、人工的なもの、天然のものとあり、天然由来エキスのように赤ちゃんにも優しい成分であればよいですが、人口的な香料が入ったものは避けたほうが良いでしょう。

 赤ちゃん衣類用の洗濯洗剤を出しているメーカーでは、合わせて柔軟剤も出しているところが多いですし、柔軟剤を使ってないけない、ということはありません。

 大人のものと一緒に洗い、柔軟剤を使用する場合には、肌の弱い人向けの柔軟剤を使用する、ということもできるでしょう。

 赤ちゃん用の衣類には柔軟剤を使用しないほうが良い、という意見もあるでしょうが、メーカーでアレルギーテストをしていること、すべての人にアレルギー反応がでないことを保証するものではないこと、を踏まえて、柔軟剤の使用の有無を考えるとよいでしょう。

まとめ

赤ちゃん用の衣類を洗濯する場合には、低刺激の洗濯洗剤や柔軟剤を使用することがより良いと言えます。

大人用と分けて洗濯することや、柔軟剤の使用の可否については家庭ごとで考え方があるかもしれませんが、より良いと思う方法を選んでください。

スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA