赤ちゃんの歯磨きでガーゼを使う時は洗濯して使うの?使い捨ての方がいいの?

赤ちゃんの歯が生えてくるころは、離乳食が始まるころです。

生え始め歯を虫歯から守るために、どうやって歯磨きをすればよいか、迷ってしまうこともあるでしょう。

ここでは、赤ちゃんの歯磨きの方法について紹介します。

スポンサーリンク



赤ちゃんの歯磨きはガーゼでどうやるの?

赤ちゃんの歯の生え始めは、人それぞれですが、だいたい6か月頃から下の前歯、上の前歯の順で生え始めます。

離乳食の開始時期も、近年は5か月頃から始めるようにと医師などから指導されることと思います。

基本的に歯のケアは、歯が生え始めたら始める必要がありますので、生まれてすぐに始める必要はありません。

日々赤ちゃんと触れ合う中で、歯の生え始めをチェックしましょう。

歯が生えてくると、ミルクや食べ物のカスが歯に付着します。

口の中を清潔に保ち、虫歯を予防するためにも、歯の生え始めの頃の歯磨きは、柔らかいガーゼを指に巻いて、前歯の前後を軽く拭き取るようにします。

頻度は、授乳後や食後、就寝前で、1日に4~5回を目安にするとよいでしょう。

赤ちゃんの口の中は柔らかく傷がつきやすいので、やさしく歯を拭いてください。

赤ちゃんは唾液の分泌量が多いので、歯の自浄作用があります。

歯磨きを嫌がる場合には無理をせず、口の中にものを入れることに徐々に慣らしていき、上手にできたら褒めてあげるようにして、歯磨きが気持ちよく、楽しいことだと思えるように進めてください。

そうすることで、本格的な歯のケア、歯磨きへの移行がスムーズになります。

スポンサーリンク



赤ちゃんの歯磨きのガーゼはどうやって洗濯するの?

歯磨き用のガーゼは、衛生面から、繰り返しの使用は好ましくありません

赤ちゃんの口の中に入れるものですので、望ましいのは蛍光剤や消毒薬などの化学薬品が使われていない、綿100%のガーゼです。

洗濯してしまうと、洗濯洗剤に含まれる界面活性剤、蛍光漂白剤などが残ってしまう可能性があり、さらに柔軟剤を使用すると、そこに含まれる香り成分が洗濯物に付着します。

このような化学薬品が含まれたものを口の中に入れてしまうと、少なからず赤ちゃんにもよくない影響が出る可能性がありますし、赤ちゃんが不快な思いをしてしまう場合があります。

また、洗濯物を干したときにもホコリなどが付着する可能性がありますので、洗濯をして繰り返し使うことは避けた方がよいでしょう。

歯磨きでガーゼを使うことができるのは、前歯くらいで、奥の歯が生えてくると歯ブラシやフロスを使用する必要があります。

もったいないと思うかもしれませんが、手間等を考えると、ガーゼを必要な分だけ小さく切って使い捨てとすることや、市販の使い捨ての歯磨きシートを使うほうが良いでしょう。

赤ちゃんの歯磨きのガーゼは使い捨ての方がいい?

前述のように赤ちゃんの生え始めの歯のケアには、蛍光剤や消毒薬が使われていない綿100%のガーゼ、もしくは市販の歯磨きシートを使うことが良いでしょう。

使い方は、洗濯をして繰り返し使うのではなく、その都度使い捨てとした方が、衛生面から望ましいため、使い捨てを基本として考えてください。

綿100%のガーゼは、いろいろな大きさで市販されています。

顔や口まわりを拭くのであれば、ハンカチサイズでいいでしょうし、大きめにカットされて袋詰めされているのもあります。

また、長いガーゼを巻いた形で販売されているものもありますので、用途にあったタイプのガーゼが良いでしょうが、多用途に使用できる、巻タイプのガーゼがおすすめです。

赤ちゃんの歯磨きをするときには、ガーゼを指に巻いて、歯を挟みこむようにして優しく拭きますが、指に巻き付けるときにガーゼのサイズを調整しやすく、無駄が出にくいのが巻タイプだからです。

好みもあろうかと思いますが、気を付けるべきことは蛍光剤や消毒薬などが使われていないもの、赤ちゃんの口に安心して入れることができるものを選びましょう。

まとめ

赤ちゃんの生え始めの歯のケアでガーゼを使用するときには、赤ちゃんの口にいれても安心の無添加の綿100%のものを選びましょう。

衛生面から、ガーゼは使い捨てとして、やさしくケアしてあげてください。

スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA