赤ちゃんのぬいぐるみの洗濯やおもちゃの消毒の仕方は?毎回くわえるからどれくらいの頻度でやるの?

赤ちゃんは、なんでも口に入れてしまいます。

口に入れて味や大きさ、堅さを確かめたり、遊んだりします。

そこで気になるのが、ぬいぐるみやおもちゃの消毒です。

ここでは、赤ちゃんがよく口にしてしまうおもちゃなどの洗濯や消毒について紹介します。

スポンサーリンク



赤ちゃんのぬいぐるみの洗濯の仕方は?

赤ちゃんのおもちゃの一つとして、よくあるものにぬいぐるみがあります。

舐めたり、かんだり、投げたりと、月齢によって遊び方は様々ですが、よごれたり、よだれにまみれたりと、衛生面で気を遣ってしまうもののひとつです。

ぬいぐるみのような布製のおもちゃは、湿気を吸いやすく、大きさによっては乾燥しにくいという特徴があります。

布製のおもちゃのお手入れ方法としては、洗濯できるものは洗濯を、手洗いできるものは手洗いを、それが難しい場合には汚れを拭き取ったり、除菌スプレーなどをして、しっかり乾燥させることが大切です。

湿気がのこってしまうと、菌の繁殖やカビの発生のもとになってしまいます。

お手入れの方法は、基本的には、そのおもちゃの取扱説明書をよく読んで、それに従ってお手入れを行えば大丈夫です。

洗濯や手洗いの際に、洗剤の化学成分が残ってしまうことが気になるのであれば、赤ちゃん用の洗濯洗剤を使用するとよいでしょう。

ぬいぐるみと衣類を一緒に洗うことは少ないかと思いますので、洗えるぬいぐるみは定期的にまとめて洗濯をして、天日でしっかり乾かすようにしましょう。

スポンサーリンク



赤ちゃんのおもちゃはどうやって消毒するの?

赤ちゃんのおもちゃの消毒方法は、おもちゃの素材ごとに異なります。

布製のおもちゃの消毒方法は前述のとおりで、洗濯や手洗い、除菌スプレーなどをして天日でしっかり乾かし、日光消毒するという方法です。

木製のものは、濡れ布巾で拭いて、日光などでしっかりと乾かしましょう。

プラスチック製のものは、こまめに濡れ布巾で拭いたり、哺乳瓶用の消毒液(ミルトンなど)に漬けて消毒することができます。

耐熱性のプラスチックやシリコン製のものは、熱に強いので熱湯をつかって煮沸消毒や、電子レンジを使って熱い蒸気で消毒するという方法もあります。

布やおもちゃの消毒にも使用できるという、高温の蒸気を使った掃除用品もあるので、もし興味があるようであれば、選択肢のひとつとしてもよいかもしれません。

日々のお手入れと定期的なお手入れを組み合わせることで、汚れにくく、万が一汚れてしまっても、汚れが落としやすくなり、お手入れの手間も省くことができます。

日々のお手入れで除菌シートを使う場合には、口に入れてしまっても影響がでないように、ノンアルコールのものを使用するようにしましょう。

濡れ布巾で拭くときには、体への影響が少ない、重層スプレーを用意しておくとよいでしょう。

赤ちゃんがおもちゃをくわえるけど消毒は必要なの?

そもそも、赤ちゃん用のおもちゃの消毒が必要かどうか、という点については、病気やアレルギー等の発症を予防するために消毒が必要である、という意見や、免疫を獲得するために消毒は必要ではない、という意見があります。

赤ちゃんは、生後6か月頃までは、母親の免疫力が働いているため病気になりにくいといわれていますので、おもちゃの消毒については気にしすぎなくともよいでしょうが、それ以降は自分で免疫を獲得していく必要があります。

このため、おもちゃの消毒について過度に気にしすぎる必要はないかと思いますが、日々のストレスにならない程度に、お手入れや消毒をすればよいかと思います。

洗濯や消毒は、3日に1回から1週間に1回程度、できるときにまとめて行いましょう。

汚れがひどいときはその都度が望ましいかと思いますが、部屋の掃除などをこまめにして、おもちゃにホコリがつきにくい状態を保つことを大切にしましょう。

おもちゃよりも、部屋のほこりやダニを食べてしまうことの方が、赤ちゃんにとっての影響が大きいことです。

除菌スプレーや消毒液は、状況に応じて使うこととして、基本は水を使ってきれいにし、よく乾燥させることを心掛けてください。

まとめ

赤ちゃんのおもちゃは日々のお手入れを大切にして、洗濯や消毒はできるときにまとめて、そして定期的に行うようにしましょう。

除菌・消毒する場合には、ノンアルコールの製品を使うようにしてください。

スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA