大学の入試に私服で行く場合の服装の基準は?写真も私服でもOKなの?

大学の入試は、緊張をせずにいつも通りにやる事で今までの頑張りを充分に発揮する事が出来、服装を整える事で気持ちを落ち着かせる事が出来ます。

入試の時の服装で悩まれる方の為に、私服での基準や制服と私服の違いなどを調べて見ました!

スポンサーリンク



大学の入試に私服でもいいの?

制服のない高校の生徒や浪人生は私服で受験を行う為、現役生は制服でなければならないという事はなくどちらでも大丈夫です。

大学受験の場合は、受験生が多くなる為受験の段階で細かく管理しきれない事もあります。

周りの目が気になるよう方は、普段と異なる私服での受験は緊張を増大させてしまう事もありますので、制服をおすすめします。

制服を着る事で身が引き締まり、普段通りの実力を発揮する事が出来る方も制服がおすすめです。

私服を着る事でリラックスする事が出来、試験に臨む事が出来る方は私服をおすすめします。

予備校や塾に通っている方は、普段と変わらない服装で受験に臨む方が実力を発揮させてくれる事もあります。

制服、私服どちらを着ても、合否を左右する事はありませんので、自分にあった服装をする事が一番です。

センター試験や一般入試は何を着ても問題はありませんが、現役生で推薦入試や面接が行われる場合は、私服はマイナス評価になりますので注意が必要です。

大学によっては制服が着用不可となっている場合もありますので、入試要項に従い服装を決める事が大切です。

スポンサーリンク



入試に私服で行くときの服装はどこまでOK?

私服では外と試験会場内の寒暖に対応する事が出来、調節が可能な服装が適しています。

重ね着が出来る前開きのパーカーやカーディガンは、前のファスナーやボタンの開け閉めをする事で、寒暖の調節を行う事が出来ます。

動きやすく楽なGパンは、濡れてしまうと中々乾かず体を冷やしてしまう事もありますので、雨の日や雪の日には不向きです。

服に文字が入っている物や地図などがプリントされている物は、誤解を招く事もありますので控える事をおすすめします。

試験が受けやすい服装で、無地の物やできるだけシンプルなもので、試験に集中できるものが適しています。

女性では、白いシャツにストレートやスキニのパンツとカーディガン、白いシャツにモノトーンのフレアスカートとカーディガンの重ね着がおすすめです。

他にはロングカーディガンやシンプルなワンピースがあり、ショートパンツやミニスカートは、体を冷やしてしまいますので受験には不向きです。

男性では、パーカーに黒のスキニパンツやスラックス、ボーダーTシャツにカーディガンとスラックスがおすすめです。

他にはプルオーバーシャツに黒のスキニパンツ、ニットにスラックスがおすすめです。

入試の写真も私服でも大丈夫なの?

大学受験の願書の写真は受験票の写真に使われますので、一般入試なら私服で撮影したものでも大丈夫です。

多くの大学では願書や受験票の写真が、大学に入学してからの学生証の写真に使われます。

学生証は大学生である事を証明するものですので、私服で撮った写真は違和感がなく使う事が出来ます。

一般受験では、茶髪や金髪でも問題はなく、パーマをかけていてもロン毛でも大丈夫で、証明写真で撮ったもので充分です。

推薦入試、AO入試を受験する方は面接の合否を左右する為、きちんとした服装や制服で撮った写真が良い印象を与えてくれます。

髪形はロン毛やパーマがかかってなく、髪の色も茶髪や金髪は常識がないと考えられる為、黒髪が適しています。

証明写真ではなく、写真屋さんでプロのカメラマンにとってもらう事で受験に有利になります。

早稲田大学で受付が出来ない写真には、両目の瞳が確認できず瞳を閉じていて、黒目が光っている物があります。

他にはメガネのフレームが目にかかっている物やフラッシュでメガネの一部が光っている物、背景に同化し体のラインが識別できないものなどがあります。

まとめ

大学の入試は私服でも受ける事が出来ますが、自分の実力を発揮できる服装が一番のようです。

服装や写真だけでは判断は出来ませんが、良い印象を与える事ができればいいですね!

スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA