法事のお供えののしの書き方で名前は連名で兄弟で出すときはどうしたらいい?


現在の法事は亡くなられた方の冥福を祈って、供養をする儀式全般のことを意味するようになりました。
元は仏教の教えなどを広めるためのものだといういわれがあります。

また、法事と法要も同じ意味で使われていますが、法要とはお経をあげてもらう供養の儀式のことで、供養に後席の会食などと含めたものを法事と言います。

仏教では、亡くなってから49日までの間は7日ごとに法事・法要があります。

49日めにあたる日を「満中陰」といい、忌明けとされています。

さらに命日と同じ日に年忌法要を行います。

その年忌法要の際には、のし袋に入れた供物料を持参するのがマナーとされています。

こののし袋の種類もさまざまあり、どれを選べばいいのか悩むところです。

また、結婚して姓が変わった場合などのし袋の表書きをどのようにしたらいいのか・・など人には聞きにくいマナーがあります。

知っているようで知らない法事のマナーについて、分かりやすくお伝えします。

スポンサーリンク



法事のお供えののしの書き方で名前はどのように書いたらいい?

不祝儀は、信仰されている宗派によって表書きに違いがあります。

先方の宗派に合わせた不祝儀袋を選ぶことが大切です。

四十九日までの法事・法要の際は、のし袋の表書きは仏教では「御霊前」「御香料」、神式では「御玉串料」「御霊前」、キリスト教では「御霊前」「お花料」「御ミサ料」などとなります。

四十九日以降の法事・法要の場合は、のし袋の表書きは仏教では「御仏前」「御香料」、神式では「御玉串料」「御神饌料」、キリスト教では「お花料」「御ミサ料」などとなります。

どうしても喪家の宗派が分からない場合は、「御供物料」と書くと失礼にあたりません。

また不祝儀袋に蓮の花の入ったものは、仏教にしか使えないので注意して下さい。

不祝儀袋の水引の色は、白黒、双銀、青白、黄白などです。

一周忌法要までは黒白または双銀が多く、三回忌法要以降は青白が一般的ですが、地域によっても違いがあり、黄白は関西方面でよく使われます。

スポンサーリンク



お供えののしを連名で出す場合はどうしたらいい?2

のし袋の表書きは、薄墨で書くのが基本です。

薄墨には、突然の訃報で悲しみの涙で墨が薄くなってしまうほど悲しいという意味があるからです。

最近では四十九日以降の法要では黒い墨を使うようにもなっています。

名前は水引の下、中央にフルネームで書きます。

夫婦で法事に出席する場合がは、夫の氏名だけでもいいのですが、夫婦ともに故人にお世話になった場合などは、夫婦の連名にします。

このときは、中央に夫のフルネームを書き、その左側に妻の名前を添えます。

のしを連名で兄弟の場合は苗字はいるの?

兄弟での連名での場合は、中央に二人のフルネームを書きます。

このときは、基本は上の兄弟の名前を先に書きます。

結婚して姓が変わった場合、すでに家を出ているので、基本的には兄弟の連名にはしません。

それでも、下の兄弟がまだ学生だったり、すでに両親が他界していたりする場合で兄弟の連名にするときは、それぞれのフルネームを中央に書きます。

3人までは全ての兄弟の名前を書きますが、それ以上の人数になると一番上の兄弟の名前を中央に書き、「他3名」などとして、左下に書き添えるほうが見た目にもすっきりします。

そして不祝儀袋の内袋に他の人の名前をフルネームで書きます。

兄弟だし、お世話になっていた度合が違うから、連名でもいいかなと思うこともあるかもしれませんが、社会人となりすでに家庭を持っている場合は兄弟でもそれぞれ個人で供物料を出すべきところです。

まとめ

法事は、今は亡き方のご冥福を祈り、在りし日の姿を偲ぶ日でもあります。

残されたご家族にとって、大切な家族の供養を行う日なのです。

そのような場に参列する以上は、きちんとした礼儀、マナーで参列したいですね。

スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA