内祝いのメッセージを友達にはなんて書く?手書きじゃないとダメなの?その他なにかマナーとかあるの?


結婚するにあたり、友人や親戚などから結婚祝いを頂きますね。

その結婚祝いの返礼として、結婚内祝いを新郎新婦を贈ります。

品物を贈る際には、二人の結婚を祝って下さった方たちへの感謝の気持ちを伝えるものとして、内祝いとともにお礼状を添えるのが大人としての常識です。

結婚内祝いのメッセージにはどんなことに注意して書けば、上手に感謝の気持ちを蔦輝ことができるでしょうか?

文例とともに、結婚内祝いのお礼状のマナーについてお伝えします。

スポンサーリンク



内祝いのメッセージを友達にはなんて書けばいい?

友達の場合は、堅苦しい表現を避け、フランクな表現で感謝の気持ちを伝えても大丈夫です。

かえってそのほうが、感謝の気持ちが伝わりやすいようです。

<例>
結婚のお祝い ありがとう!
(友人名)の心遣いに夫婦共々感謝しています
(お祝いに頂いた品物)で初めての(料理、家事など)もがんばるから また新居にも遊びに来てね
これからもよろしくね!

<例>
素敵な結婚祝いをありがとう! 本当に嬉しかったです!
まだ新生活には慣れないけれど 二人で力を合わせてがんばっていきます
ささやかですがお礼の品を贈ります 喜んでもらえたら嬉しいです
これからもどうぞよろしくお願いします

などとすると、友達への感謝の気持ち、これからの新生活への抱負も伝わりやすいと思います。

スポンサーリンク



結婚の内祝いのメッセージは手書きでないとダメ?

結婚の内祝いのメッセージは、手書きのほうが感謝の気持ちも伝わりやすいのでいいですね。

でも、たくさんの方にお祝いを頂いたり、仕事などで忙しかったり、お祝いを頂いた方全てに手書きのメッセージを送ることは難しいですね。

印刷のものでも、一言だけでいいので、その方だけへのメッセージを添えるだけでも印象が変わってきます。

感謝の気持ちを伝えるためにも、一言でいいので、手書きのメッセージを添えるといいですね。

結婚の内祝いのメッセージのマナーは?

結婚祝いを頂いたら、なるべく早めにお礼状を出しましょう。

一般的には、挙式後または新婚旅行から帰ってきてすぐに出します。

結婚祝いを頂いてから挙式までの期間が長い場合は、お祝いが届いたことを伝えるためにもお礼状は先に出します。

結婚の内祝いのメッセージには、
・お礼の言葉
・二人の新生活への抱負
・お祝いの品物を頂いた場合には、頂いたものを新生活で活用している様子
・今後のお付き合いをお願いする挨拶
・新居の住所、連絡先
・新郎新婦の名前(旧姓も添えて)
の内容を入れておきたいです。

メッセージの文面のマナーとして注意すべき点があります。

①句読点はつけない
 お祝い事の文面では、区切りや終わりをつけないという意味を込めて、句読点はつけないとされています。
 年長者や格上の方に送る場合は注意したほうがいいですね。

②忌み言葉は使わない
 お祝い事にふさわしくない忌み言葉に注意しましょう。
 「別れる、分かれる」「切る、切れる」「離れる、去る」「終わる、流れる」「破れる、壊れる」「冷える、飽きる」「帰る、返す、戻す」などは不幸なことをイメージする忌み言葉とされています。
 「再び、次々、いろいろ、いよいよ、返す返す」などの重ね言葉も何度も繰り返すことをイメージさせるので、結婚のお祝いには使うのはタブーとされています。

また、お礼状を書くときは白い便せんに手書きをするのが一般的ですが、難しい場合は印刷でも構いません。

封筒も白の無地のものを使い、夫婦の連名とします。

封をする際はのり付けとし、封字は「〆」「締」「封」を使います。

これらのマナーに注意して、お祝いを頂いた方への感謝の気持ちを伝えましょう。

まとめ

結婚の内祝いのお礼状、メッセージは、お祝いを頂いた方への感謝の気持ちを伝えるものです。

マナーに注意しながら、お祝いをしてくださった相手の方が、読んでいて二人の幸せを感じられ、うれしくなるような丁寧な内容で書くといいですね。

スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA