出産祝いのお返しは両親に出すのは常識なの?いらないと言われたら?


かわいい赤ちゃんが誕生したら、パパ、ママはもちろん、両親、親族、友人から祝福されますね。

たくさんの人に祝福され、出産祝いとして、プレゼントや現金を頂くことも多いですね。

この出産祝いは、頂いたことを実感するパパやママへのものかと勘違いされる方もいるようでうが、やはり生まれた赤ちゃんへのものなのです。

そしてこの出産祝いのお返し、つまり内祝いは赤ちゃん名義でお返しするのもなのです。

パパ、ママの両親、つまり赤ちゃんの祖父母からも出産祝いを頂くかと思います。

「お返しはいらないよ」と言われることもあるかもしれません。

でも、本当に内祝いをしなくてもいいのか悩むところですね。

せっかくの厚意で両親から頂いた出産祝いは、正しいマナーで気持ちよくお返ししたいものですね。

そんな人には聞けない出産祝いのお返しのマナーについて、お伝えします。

スポンサーリンク



出産祝いのお返しは両親にはするの?

両親からの出産祝いは、「出産やこれからの子育てに費用もかかり、大変だろうから」と援助の気持ちでお祝いを包んでくれていることが多いです。

そんな気持ちにきっちりと内祝いをするのは、かえって他人行儀で失礼だったりすることもあります。

そして、両親から貰うお祝いの場合は結構高額な現金であることが多いです。

それを相場に合わせてお返しすると、せっかくお祝いを届けた両親もなんのためにお祝いを贈ったのか戸惑ってしまうでしょう。

両親には、金額や品物ではなく、「ありがとう」という気持ちを贈るのが何よりも大切なことです。

スポンサーリンク



出産祝いのお返しの常識は?

出産祝いのお返し、内祝いは赤ちゃんの誕生後1か月ごろを目安に赤ちゃんの名前で品物を送るのが一般的なマナーとされています。

出産内祝いの相場は、頂いたものの金額の半額から1/3程度のもので・・と言われています。

多くはお菓子やコーヒー・紅茶の詰め合わせ、タオルなどが選ばれています。

また出産内祝いは、赤ちゃん誕生の喜びや頂いたお祝いへの感謝の気持ちを伝える贈り物ですから、のしやメッセージを添えて、より感謝の気持ちを伝えられるようにしたいものです。

内祝いの品物には、紅白の蝶結びの水引を使います。

そしてのし書きは、水引の上に「内祝い」、下には赤ちゃんの名前を書きます。

赤ちゃんの名前は、ふりがなをつけてあると読み間違えることもなく、親切です。

メッセージには、「ささやかですが、心ばかりの品をお贈りさせていただきます」などと添えるのがいいです。

このときに赤ちゃんの写真を添えることもありますが、写真を添えるのはごく親しい身内のみにしておくほうがベターです。

赤ちゃんが欲しいのに授かることのできない方やその方なりの事情がある場合もあるので、そんなときに赤ちゃんの写真入りのメッセージは負担になってしまうこともあります。

赤ちゃん誕生はうれしいことだからこそ、受け取る方の気持を配慮した内祝いにしたいものです。

出産内祝いのお返しはいらないと言われたら?

両親は「内祝いはいらない」と言われることが多いでしょう。

しかし、親しき中にも礼儀ありです。

両親に喜んでもらえそうで、金額的に負担にならない程度のプレゼントをするのがいいですね。

お礼の一言を添えて、記念になる赤ちゃんの写真を送るなどがいいのではないでしょうか。

また孫と会える機会をたくさん作ると、両親の喜びも増すはずです。

お金では買えない贈り物を内祝いとするのはいいですね。

まとめ

赤ちゃん誕生は、パパ、ママだけではなく、じいじ、ばあばにとってもとても嬉しいことです。

その喜びを伝えるものが、「出産祝い」「内祝い」となるものです。

金額や品物にこだわることなく、頂いたことに感謝し、赤ちゃんの成長を見守っていきたいですね。

スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA