マイナンバー通知カードの住所変更を14日過ぎたらどうなる?氏名変更や子供が生まれたら?


日本に住民票がある方には、マイナンバーが付与されます。

このマイナンバーは、一人一人違うもので、その人だけのものです。

マイナンバー制度によって、行政手続きが簡単になるという便利な点があります。

普段の生活では、あまりマイナンバー制度を利用、活用しているという意識はありませんが、引っ越ししたり、名前が変わったりした際には手続きが必要なことをご存じでしたか?

その手続きの仕方、注意点についてお伝えします。

スポンサーリンク



マイ ナンバーの通知 カードの住所変更を14日過ぎたらどうなる?

マイナンバーの番号は、引っ越ししても番号が変わることはありません。

しかし、マイナンバー通知カードに記載されている住所の変更手続きが必要になります。

マイナンバー通知カードの場合は、通常の転出、転入の手続きとなります。

まずは、転出する役所、役場で転出届を提出し、転出証明書を受け取ります。

この転出届は、転出の14日前から提出可能です。

そして転入する役所、役場で転入届と転出証明書を提出します。

こちらも転入の14日以内の手続きが必要となります。

転出、転入の手続きとも本人確認書類と印鑑が必要になります。

転出する際は特別な手続きは不要ですが、転入する際に転入届の手続きをするときに一緒に提出する必要があります。

気をつけなければいけないのが、転出した日から14日以上たってから転入の手続きをしようとしても、転入届の特例が適応されないので、再度元の住所の役所、役場での転出届が必要となるので注意して下さい。

また転出から90日以上たっても住所変更しなかった場合は、マイナンバーは失効してしまいます。

万が一失効してしまっても、再度発行の手続きを取ればいいのですが、再発行には1か月もかかります。

面倒なことを避けるためにも引っ越した際は、転入届を一緒にマイナンバーの住所変更手続きも忘れないようにして下さい。

スポンサーリンク



マイナンバーの通知カードの氏名変更はどうするの?

結婚などで氏名が変わった場合も、住所変更と同じで、婚姻届を提出したあと、マイナンバーの変更手続きを取ればいいのです。

マイナンバー通知カードの裏側に新しい氏名が記入されます。

ただ、婚姻届提出後、住民票に氏名変更のデータが反映されるまで時間がかかる場合があるので、予めお住まいの市区町村の窓口で確認するようにして下さい。

マイナンバーの通知カードは子供が生まれたらどうすればいい?

生まれたお子さんのマイナンバーは、出生届が受理された後振りつけられます。

出生届が受理されてから、マイナンバー通知カードが国の第三者機関から送付されます。

出生届の届出人のもとに届くのは、だいたい2~3週間後となります。

赤ちゃんのマイナンバーっているのかな・・などと思われる方もいらっしゃるかもしれmせんが、児童手当や乳児医療費助成制度などの申請時に必要となります。

まとめ

マイナンバー制度ができたことで、引っ越したときなど今までとは手続きが違うのかしら・・と不安になられる方もいらっしゃるかもしれませんが、特別な手続きは必要ではありません。

住所や名前が変わる、お子さんが生まれたなどの手続きの際に、マイナンバー通知カードも忘れずに持参していただければ大丈夫です。

マイマンバー制度は、マイナンバーを確認することで住所や氏名本人が確認できる本人確認証です。

住所変更手続きをせず、マイナンバーと記載されている住所とは違うと本人とは十分に確認することができず、本来のマイナンバーの役割を果たせなくなってしまいます。

引っ越した際には、マイナンバーの住所変更手続きも忘れずにして下さい。

スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA