肌を白くするのにどんな食べ物やビタミンを取ればいい?栄養素はどんなもの?

紫外線が気になる季節になり、肌を白く保つための対策が必要になります。

肌の手入れをきちんと行い、バランスの良い食生活を送る事も大切です。

肌を白くするのにはどんな食べ物があり、ビタミンの摂り方や栄養素について調べて見ました!

スポンサーリンク



肌を白くする方法でどんな食べ物がいい?

乳酸菌には、腸内環境を整えて良好に保つ効果があり、美白効果にも良い影響を与えてくれます。

乳酸菌を多く含む食べ物には、ナチュラルチーズ、味噌、納豆などの発酵食品があります。

乳酸菌を食べる事によって、腸の活動が良くなりいきいきとした素肌が作られます。

乳酸菌ヨーグルトや乳酸菌飲料を、食べたり飲んだりすると色白で美しい肌になります。

人間の腸は腸内にあるものを吸収し、血液に送り出す働きをしています。

腸内環境が整っていれば、酵素や栄養が血液によって運ばれ肌を白く、健康的で美しくしてくれます。
肌を白くする為には、肉、魚、野菜などバランスよく摂る事が理想で、カロリーが気になる方はご飯を減らしおかずはきちんと摂るようにします。

人参にはβ‐カロテンという成分がたっぷり含まれていて、肌を白くする効果がありますのでサラダ、炒め物、スープなどに入れて摂るようにします。

ファーストフードの加工食品やラーメンなどは、多く食べてしまうとビタミンが不足し肌があれて色白になる事が難しくなります。

飲み物では、柑橘系の100%ジュースや豆乳もおすすめです。

スポンサーリンク



肌を白くするのにビタミンはどうやって取ったらいい?

ビタミンCは美白に良いとされていて、ビタミンCを多く含む果物にはイチゴ、グレープフルーツがあります。

野菜ではレタスやデンプンの多く含まれているジャガイモがあり、料理に用いて多めに摂るよう心がけます。

トマトにもビタミンCが多く含まれていて、オリーブオイルと一緒に摂る事で吸収率を高めてくれます。

トマトには美白効果があるリコピンが含まれていて、夕食に摂ると腸に行き渡って吸収され、翌日には紫外線から体を守る効果を発揮してくれます。

ビタミンCは太陽が出ている時間帯に摂るとシミの原因になり、多く摂っても尿と一緒に出てしまいますので注意が必要です。

ビタミンAは肌の新陳代謝を高めてくれて、皮膚の粘膜の潤いを保ってくれます。

ビタミンCは強い抗酸化作用があり、メラニン色素の原因になるチロシナーゼの働きを抑えてくれます。

ビタミンEは女性ホルモンの分泌を助けて、血行を良くし肌を活性化させてくれます。
ビタミンA、C、Eがバランスよく入っている物には、大根葉、かぼちゃ、赤のパプリカ、ピーマン、ニラ、小松菜、ブロッコリーがあります。

肌を白くする栄養素はどんなものがある?

肌を白くする為には、抗酸化作用のある栄養素を摂る必要があります。

抗酸化作用のある栄養素には、リコピン、ポリフェノール、ビタミンA、C、Eがあります。

リコピンを含むものは、トマトやスイカの赤い色素があるもので真っ赤に熟している物が良くコラーゲンの減少も抑えてくれます。

リコピンにはメラニンを抑える効果があり、ビタミンEと一緒に摂る事でより一層効果を発揮してくれます。

脂溶性ですが体内に残る量が少ない為、毎日摂りたい栄養素になります。

ポリフェノールは赤ワイン、緑茶、紅茶、ココア、ぶどう、柑橘類の皮、干し柿、大豆製品に含まれています。

ビタミンCは水溶性で体内に蓄積出来ない為、意識しながら毎日摂り続けたい栄養素になります。

皮膚に関する栄養素ではたんぱく質があり、卵、牛乳、魚介類、肉、大豆製品に多く含まれています。

ビタミンB2とB6は美白とシミの対策になり、体内のたんぱく質を分解する為にはB6が必要になります。

鉄分はシミやくすみを消すのに役立ち、コラーゲンを作る際にも必要です。

美肌の為に大切な栄養素で、動物性食品を食べると効率良く摂る事が出来ます。

まとめ

乳酸菌が含まれている物や発酵食品は、腸内環境を良くし肌と体を健康にしてくれます。

ビタミンや抗酸化作用のある栄養素を上手に摂る事で、白い肌を手に入れる事が出来ればいいですね!

スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA