大学入試の服装で現役の場合は制服?私服?面接の時はどうすればいい?


大学受験に向けて、必死に勉強をしてきましたが、直前になって「試験会場での服装はどうしたらいいのか?」と悩む人が少なくないそうです。

大学受験は、中学や高校受験と違い、大人の試験ですから、現役高校生から少数ですが社会人までと幅広い年齢の人が受験します。

試験当日に力を発揮できる服装選びについて、お伝えします。

スポンサーリンク



大学入試の服装はどんなのがいいの?

一生懸命勉強をしてきて、試験直前になって「試験の日には何を着ていけばいいの?」と突然悩んでしまう受験生も少なくないそうです。

制服しかダメなんじゃないか・・と思い込んでいる受験生もいるようですが、大学入試の際は服装に悩む必要は全くありません。

私服でも制服でもどちらでもOKなんです。

私服であれ、制服であれ、服装によって合否が左右されるわけではないのです。

「いつも制服で勉強していたから、このほうが落ち着く」と思うなら制服の方がいいでしょうし、予備校や塾には私服で通っていて、「普段着だとリラックスできて、いつもどおりに問題が解けそう」と思うなら私服でいいでしょう。

どんな服装であっても、自分が一番落ち着いて力を発揮できる服装を選んで下さい。

スポンサーリンク



大学入試の服装で現役の場合は制服?私服?

現役の場合は、制服で受験することが多いです。

大学入試は、1~2月に行われることが多く、冬でも一番寒い時期です。

そのため、外はとても寒いのに、試験会場は暖房が効きすぎていて暑いなんてこともよくあることです。

また試験会場の暖房の効きが場所によって違い、暑いところや寒いところがあることもよくあるのです。

制服でも私服でも、体温調節できる服装にしていくことが大切なことです。

前開きのカーディガンやパーカーなどを着ていくといいです。

試験中は服の脱ぎ着ができないので、前開きの服だと前のファスナーなボタンを開け閉めするだけでも、調整ができます。

また、頭は暑いのに、足元がスース―して寒いこともよくあります。

私服だとスカートの長さの調整やズボンにするなどできますが、制服ではそれは難しいです。

そんなときの場合に膝かけを持っていくと便利です。

荷物が多くなってイヤな場合は、コートなどを膝かけ代わりに使うといいです。

センター試験では注意されていますが、英文字、漢字、地図などが印刷されていないものを選んで下さい。

無地のものが無難です。

注意してほしいのが、Gパンです。

Gパンは雨や雪で濡れてしまったら、なかなか乾いてくれません。

濡れたまま、試験を受けなければならないので、体も冷えてしまいます。

いくら普段着なれているものであっても、雨や雪の日はオススメしません。

大学受験の服装は面接の時はどうしたらいい?

面接試験は、印象が大事です。

服装が原因で試験に落とされることはありませんが、印象をよくするに越したことはありません。

面接試験では、制服が無難です。

いくら毎日着ていた制服だからと言って、ヨレヨレのままだと印象を悪くします。

面接試験前日には、アイロンをかけて、シワをなくし、スカートやズボンの折り目をピシッとしておきましょう。

また女子の場合は、スカートの長さにも注意して下さい。

長すぎても、短すぎてもよくありません。

あまりお好みではないとは思いますが、校則どおりの長さが一番印象をよくする長さです。

男子の場合は、ブレザーでネクタイを結ぶときは、ネクタイにゆるみやゆがみがないように結んでいきましょう。

また学ランの場合は、ホックをしっかりとかけておきましょう。

靴もスニーカーではなく、しっかりと磨いた革靴がいいです。

現役生で制服のない高校の場合は、学生らしく、清潔で華美でない服装にしましょう。

スーツやジャケットにシャツ、シンプルなパンツ、スカートがいいです。

まとめ

大学入試の服装は、見た目よりもリラックスした状態で試験に臨めるものを選ぶことが大切です。

試験当日、今まで頑張ってきたことを緊張することなく、力を発揮できるものを選んで下さい。

スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA