魚臭いのが手についたのを落とすには金属がいいってホント?その理由は?

魚には色々な種類があり、焼き魚、煮魚、刺身はとても美味しく毎日の食事にかかせないものです。

魚を料理する際には、どうしても生臭さが手に残ってしまいます。

手についた生臭さを上手に取る方法を調べて見ました!

スポンサーリンク



魚臭いのが手についたらどうする?

手についた魚の臭いを消すには、使い終わったお茶の葉を両手に挟んで、手を洗うように擦り水で洗い流します。

お茶の葉には抜群の消臭効果がありますので、魚の臭いを消してくれます。

酢を水で2倍くらいに薄めた酢水に手を入れてゴシゴシ擦り、ある程度臭いが落ちたら水で洗い流します。

酢には殺菌効果と除菌作用があり、消臭効果もありますので魚の臭いを取ってくれ、手についた酢の臭いは時間が立てば消えます。

柑橘系の果物の皮には殺菌効果があり、レモン、カボス、みかんは手についた細菌を分解してくれます。
粗塩を手に適量取って擦り合わせると、驚くほど魚の臭いを消す事が出来ます。

コーヒーを飲んだ後の粉を手のひらに乗せて、ゴシゴシ揉んだ後に水で洗い流すと生臭さを落とす事が出来ます。

手のしわなどに入り込んでしまった魚の臭いが中々落ちない時には、ブラシで洗うと効果があります。

意外な物には歯磨き粉があり、歯磨き粉で手を洗うと魚の臭いを取る事が出来ます。

魚を触る前に牛乳、お茶の葉や柑橘系の皮を先に手に擦りつけておくと、魚の臭いを付きにくくしてくれる方法もあります。

魚の臭いを落とすには?

魚を触った時に強烈に匂う生臭さはアミン臭と呼ばれていて、臭いが皮膚に馴染みやすい性質を持っている為手に臭いが付いてしまいます。

魚の臭いの元は魚の持つジメチルアミンという物質で、生臭さはトリメチルアミンという物質が臭いの元になります。

魚の旨み成分が細菌によって分解されると臭みに変化しますので、新鮮さがなくなるほど臭いが強くなります。

オイルが含まれた洗剤やハンドソープが、アミン臭発生の原因になる細菌を殺してくれますので、リーフ&ボタンクスハンドソープのラベンダーがおすすめです。

手を水で濡らしてから重曹を擦りつけ、石鹸を使って洗うと魚の臭いを取る事が出来ます。

柑橘系のオイルが配合された、専用のウエットティッシュも魚の臭いを消してくれます。

ささめ針BOZO4ボウズのがわウエットティッシュレモンと、ささめ針BOZO4ボウズのがわウエットティッシュグレープフルーツがおすすめです。

フィッシュソープには銅やチャ葉エキスが配合されていて、魚の臭いやぬめりを取ってくれ、こんにゃく由来のスクラブで、洗い上がりが良く爽やかな香りになります。

スポンサーリンク



魚の臭いは金属で消える?

ステンレスに触ると鉄イオンと細菌が反応しあって臭いの元を消してくれますので、水道の蛇口に触る事で効果を表してくれます。

ステンレス製石鹸も販売されていますので、これで手をこすり合わせ水で洗い流す事で魚の臭いを消してくれます。

手についた魚の臭いに効果的な物の順位では、柑橘系成分配合の洗剤が1位、食塩が2位、ステンレス製石鹸が3位、ハンドソープが4位、アルコール消毒が5位になります。

ステンレス製石鹸や金属でも十分魚の臭いを落としてくれる事がわかります。

魚料理をした料理器具に魚の臭いが残り困る事がありますが、料理器具は放置せずにすぐ洗うよう心がける事が大切です。

臭いが気になる時には、コーヒーの粉やお茶の葉を使って臭いを取る事が出来ます。

魚を焼いた料理器具を洗った後に、コーヒーの粉かお茶の葉を煮立たせ火を止めてから、1,2時間放置すると魚の臭いを消す事が出来ます。

コーヒーの粉かお茶の葉を皿に入れて、臭いの気になる所に置いておくだけでも効果があります。

コーヒーの粉とお茶の葉は、一度使った物でも臭いを消してくれます。

まとめ

手についた魚の臭いを取る方法は幾つかあり、身近な物でも出来る物があります。
魚の生臭さが苦手で魚料理を避けていた方は、ぜひ試されてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA