履歴書の封筒の入れ方の向きや順番は決まってるの?三つ折りするときはどうするの?

就職を希望する際には必ず必要な、履歴書。

これを書くことから、社会人としての一歩が踏み出せるのです。

それほど重要な書類ですから、決まり事やマナーを守って提出したいものです。

これをお読みになる方にとって、履歴書を書くときや送付する際に少しでもお役に立てば幸いです。

誰もが一度は目にして書くであろう、「履歴書」にまつわるマナーをまとめてみました。

スポンサーリンク



履歴書の封筒の入れ方で向きは決まってる?

履歴書は、内容がもちろん重要視されますが、他にも相手側に対してのマナーがあることをご存知でしたか?

これから自分がお世話になるであろう企業の担当の方に、気持ちよく目を通していただくためにも、精一杯のマナーを守りましょう。

履歴書は、普通そのまま持参して提出することはよほどのことがない限り、まずありません。

封筒やファイルに入れて、郵送するのが一般的です。

その際、封筒に入れる時に気を付けることが数点あります。

まずは、履歴書のサイズですがA4(A3二つ折り)とB5(B4二つ折り)の二種類が販売されています。

企業側の指定が特になければ、どちらでも構いませんが、今はA4サイズが書類の主流ですのでA4で記入しそれに合わせた封筒で郵送するのがいいと思います。

重要なのはもちろん履歴書の内容ですが、受け取った側に好印象を与えたり、管理がしやすいという点も考慮して、書類一式を新しいクリアファイルに入れて送付先の住所を上に送り状を添えて封筒に入れます。

履歴書は、顔写真が外側にくるようにして、真ん中で二つ折りにして大き目の封筒に入れましょう。

二つ折りにしてぴったり入るような封筒に入れると、取り出す際に封筒が切れてしまったりするときがあるので、少し余裕を持たせた封筒に入れるのがいいと思います。

履歴書の封筒の入れ方に順番はあるの?

企業側から、事前に提出する書類の連絡があると思いますので、それを必ずそろえておく必要があります。

履歴書の他にも、過去に就いた職業についての「職務経歴書」や送付する書類の一覧や内容を記した「送り状」など、添付する書類がそろっているかよく確認しましょう。

送付先の住所を記載した封筒を上にして、最初に送り状、次に履歴書、職務経歴書(必要な時)、紹介状があれば職務経歴書の次に、その他求められた書類の順番で、すべてクリアファイルに入れて封筒に入れます。

書類の順番まで、相手側から指定されることはまずないのですが、社会人のマナーとして受け取った側の立場になって考えるとこの順番が良いのです。

また、履歴書の入った書類を入れる封筒ですが、市販の茶封筒でも問題ないのですが、一日に企業に届く郵便物の数を考えると同じような色なので、中身が履歴書とはわかりずらいときがあります。

もちろん、封筒の表には「履歴書在中」または「応募書類在中」と明記しますが、用意できるのであれば白い角形の封筒を使用しましょう。

これだけで、企業の担当者は、中身が履歴書であることを判断しやすくなるのです。

スポンサーリンク



履歴書の封筒の入れ方で三つ折りする場合は?

履歴書は、自分の一生に関わる大事な書類です。

基本、履歴書や報告書などの重要書類は必要以上に折らないのが原則です。

履歴書なら、販売されている時点で二つ折りですからそれ以上の折り目はつけないようにしましょう。

のちに保管されることも考慮して、二つ折りのままで送るようにしますが、やむ終えず三つ折りにして送る場合もマナーがあります。

そもそも「三つ折り」という折り方は、「二つ折りにした上で三つ折りにする」ことで、市販の状態から1/3に折ることを意味しています。

中には、三つ折りにする場合の折り線が印刷されている履歴書も販売されていますが、できる限りその様式でも二つ折りにして郵送します。

三つ折りの履歴書は、パートや短期アルバイトなどの場合には許容範囲ですが、それでもマナーを守って二つ折りで大きな封筒で郵送された履歴書の方が受け取った側の印象はいいものです。

三つ折りにしたから、落とされるということはないと思いますが、自分が受け取る側ならどちらがいいか考えればすぐ判断できるでしょう。

相手に対する思いやりも忘れないように、履歴書を送りましょう。

まとめ

履歴書ひとつ取っても、いろいろなやり方があるようですね。

でもこれから社会人として働くことを考えれば、こういった細かいことにも目を向けてマナーを重んじることは必要です。

これから社会人になろうという方や転職を考えて履歴書を書こうとしている方には、ぜひとも参考にして頂きたいと思います。

スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA