ゴルフを一人予約するときのよくあるトラブルは?初心者の場合のマナーは?


ゴルフは複数人でコースを回るものですが、最近ではひとりでゴルフを楽しむ人も増えてきています。

ですが、コースを一人で回るということではありません。

ここでは、ゴルフを一人で予約するときに気を付けるべきことについて簡単に紹介します。

スポンサーリンク



ゴルフを一人で予約するときのトラブル回避の方法は?

ゴルフを一人で予約するときによくあるトラブルは、一言で言うと、マナーを守らないことによって起こるトラブルです。

ゴルフは紳士のスポーツとも呼ばれ、もちろん女性のゴルファーも沢山いますが、マナーを重んじるスポーツです。

これは個人で楽しむ場合も同じで、マナーを守らないことはそのままトラブルにつながります。

最低限、ルールは覚えておくようにし、ミスを連発するようなことは絶対に避けましょう。

ゴルフをするときには、個人プレーに走ってしまうことが一番のマナー違反です。

また、予約をするときには、ドタキャンや遅刻をすることは論外です。

ゴルフのコースでプレーするにあたっては、最低催行人数というものがあり、ドタキャンや遅刻で、時間までに最低人数に達しない場合には、他のプレイヤーにも迷惑をかけてしまいます。

これは社会人としては当然のことですが、一人だからといって、勝手な振る舞いはひと様に迷惑をかけることにつながります。

ゴルフのルールを覚え、スポーツマンシップにのっとり、マナーを守って、他人への気配りすることが、トラブルを回避するために重要なことです。

ひとりのゴルフを初心者でも申し込める?

ひとりでもゴルフを予約することはできます。

とはいえ、いきなりコースを回る、というのはハードルが高いので、まずは打ちっぱなしなどを利用して、ある程度ボールを飛ばせるようになる必要があります。

ゴルフ初心者でも、球技の経験がある人であれば、ある程度ボールを飛ばせたり、コントロールすることは出来るかと思います。

球技の経験がまったく無い場合には、それは難しいかもしれませんので、初心者なりに、コースを回れる程度には慣れて置くようにしましょう。

スコアの目安としては、130程度までは許容してもらうことができます。

インターネットでも一人ゴルフの予約サイトはいくつかあり、簡単なプロフィール登録によって、同伴者の年代、性別、ゴルフの経験等を事前に確認することができるため、初めて同士でもある程度、自分を知ってもらい、相手を知ってから予約する、ということができるようになっています。

このため、初心者であっても、自分が初心者であるということを明らかにしておけば、それを踏まえて同伴者になってくれるひともいるので、初めてであるということに対して抵抗は少なくなるかと思います。

ゴルフを一人で予約するときのマナーは?

ゴルフを一人で予約するときのマナーは、まずは都合が悪くなったら必ずキャンセルの手続きをすることです。

ドタキャンはマナー以前の問題ですので、同伴予定であった人に迷惑がかからないよう、連絡すべきことは守りましょう。

また、予約時には、事前に自分のプロフィールを登録し、予約時に公開することになりますが、年代、性別、スコアなどのゴルフのレベルを正直に記載するようにしましょう。

基本的なことではありますが、偽りの情報は記載しないことがマナーです。

自分を良く見せようとより高いレベルとして登録したり、その逆の行為をすることは、いざプレーするとなったときに、相手に嫌な思いをさせてしまう可能性があります。

初心者であれば、正直に初心者であること、スコアはどのくらいか、などといった情報を公開するように、またどのような人と一緒にプレーしたいのかということを記載すると良いでしょう。

それに加えて、ゴルフに対する意気込みも記載することが出来ればよいですね。

お互いに気持ちよくプレーするために、公開できる情報はできるだけ公開するようにしましょう。

まとめ

一人でゴルフを予約するときは、マナーを守ることは基本ですが、自分がどのような人とプレーしたいのか、ということを良く考えてから予約するようにしてください。

スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA