ひとりごはんを外食で済ませるのに平気な人と苦手な人の違いは?

ひとりで外食ができる人、そうでない人がいます。

それの考え方は、年齢によっても違いますし、生活スタイルによっても違うものです。

ここでは、外食をするときにひとりでも平気な人、苦手な人の考え方の違いについて数例紹介します。

スポンサーリンク



ひとりでごはんを外食するとき周りはどう思うの?

ひとりで外食をすることについて、周りの人はどう思うのでしょうか。

ファミリーレストランを含むレストランでは、複数人での食事を想定したテーブル配置やメニューとなっている場合が多く、そのような場所にひとりで外食に行くのは気が引けるものかと思います。

とはいえ、実際にはそのような場所でひとり外食をしている人はいますし、食事そのものを楽しんだり、自分の時間を有意義に使うためにひとりで外食をしている人もいます。

ひとりで外食をするとき、人にどう思われるか、どう見られているかを気にするひとは多くいますが、自分が気にするほど、ほかの人が見ているということはありません。

例えば、マナーが守られていなかったり、他人に迷惑をかけたりといった目立った行動をしない限りは、周囲の人はそれほど気にしないのは実情です。

周りがどう思うか、ということを気にする方は、おそらくひとりでの外食が苦手な方ではないか、と思います。

最近では、「おひとりさま歓迎」とうたっている飲食サービスの店舗もありますので、ひとりでの食事が苦手だと思う人は、はじめのうちはそのような店舗を選んで外食してはいかがでしょうか。

スポンサーリンク



一人で外食するのが平気な人はどんな人?

さて、一人で外食するのが平気な人はどんな人なのでしょうか。

また、ラーメン屋や牛丼屋、焼肉屋など、ひとりで平気な範囲はどこまでなのでしょうか。

ラーメン屋や牛丼屋についてはボックス席のほかにもカウンター席があることや、短時間での食事のみを目的として利用する客が多いことから回転率が高いため、ひとりでも食事をしやすい環境であるといえます。

店舗によってはカウンター席のみ設置している店舗もあるくらいですので、簡単に食事をすませたい場合にはとても利便性が高いジャンルの外食店です。

一方で、複数人数で訪れることが多く、食事に少し時間がかかったり、飲酒を伴う可能性の高い焼肉屋の場合は、カウンター席を設けている場合が少なく、ひとりでの食事というのは少し違和感を感じる人がいることでしょう。

ですが、焼肉屋でも、もちろんひとりで食事をしている客はいます。

ランチの場合はひとりで食事をしている人の割合は多いですし、他の客と相席という場合もあります。

ひとりでの外食がしやすい環境、しにくい環境というのはありますが、いずれにせよ、ひとりで外食するのが平気な人は、食事のみを目的としており、外食するにあたって他人の目をさほど気にしない人、気にする必要がないと考えている人といえます。

一人で外食するのが苦手な人は?

一人で外食するのが平気な人については前述のとおりですが、その逆で、一人で外食することが苦手な人はどのように考えているのでしょうか。

ひとりでの外食が苦手な人は、一人で食事をしていることについて、マイナスのイメージを持っている人です。

他人からどう思われるか、店員や他の客からさみしい人と思われるのではないか、友人が少ない人と思われるのではないか、というように考えてしまうと、ひとりで外食などできなくなってしまいます。

そのように考える人は、人の悪口や自分の悪口に敏感で、皆から良く思われたいという気持ちが強い人でしょう。

他人から良く思われたい、良い印象を持ってもらいたい、というのは誰しも思っていることではありますが、自分はこんな風に見られたい、こんな風には見られたくない、という意識が強く、それが明るくにぎやかで華やかなイメージであれば、ひとりで外食ということに踏み込みにくいかと思います。

とはいえ、前述もしましたが、他人は自分が思っているほど他人のことを見てはいません。

意識しすぎると窮屈になってしまうかもしれませんね。

まとめ

ひとりでの外食は、マナーさえ守れれば人の目を気にする必要はないのではないでしょうか。

一人でも入りやすい店舗から、ひとりでの外食を始めてみてください。

スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA