サンダルが臭い時の洗い方や汚れの落とし方は?汚れがつかないような防止の仕方は?

夏のおしゃれにかかせないサンダルは、毎日履く人も多く素足で履くために皮脂や汗で意外に汚れてしまいます。

サンダルが臭った時の洗い方や汚れの落とし方、汚れがつかないようにする為の方法などを調べて見ました!

スポンサーリンク



サンダルが臭い時の洗い方は?

サンダルは使われている素材によって洗い方が異なります。

本革の場合には、水で濡らして固く絞った布で全体を優しく拭き、ゴシゴシこすらずに汚れを拭き取りしっかり乾かします。

最後に防水スプレーで仕上げますが、革の種類によってシミになる事もありますので注意が必要です。

合皮の場合には、水で濡らして固く絞った布かウエットティッシュで全体を拭きます。

特にインソールは汚れがたくさんついていますので、丁寧に拭く事が大切です。

足を覆う部分が布地の場合には、ウエットティッシュで拭くとシミになる事もありますので注意が必要です。
サンダルの汚れを、きれいに拭き取ったらしっかり乾かします。

綿や麻などの自然素材の場合は、水で丸洗いをしてしまうと風合いがなくなり元のサンダルと違う印象になってしまう事があります。

水で丸洗いをせずに、水で濡らして固く絞った布で優しく拭きます。

ポリウレタン、ラバーの場合は水洗いをする事が出来ますが、ラバーのサンダルは日光に当てて干してしまうと割れる可能性がありますので、乾かす時には陰干しにすると安心です。

スポンサーリンク



サンダルの汚れの落とし方は?

布地や自然素材のサンダルが雨で濡れて泥汚れがついた時には、濡れた状態で汚れを取ろうとすると布に汚れがしみ込んでしまいますので乾燥させます。

乾燥させた後に靴用のブラシでホコリや土を落とし、ソール以外の部分を水で濡らしたタオルを固く絞り優しく拭いて汚れを落とします。

ソール部分は、いらなくなった古い歯ブラシなどを利用し汚れを落とします。

泥やホコリは、乾いた状態の時に軽く払うかブラシを使って落とします。

皮脂汚れで黒ずんでいる場合は、エマールなどの中性洗剤を使って汚れを落とします。

水に数滴の洗剤を混ぜた洗剤液で、タオルを湿らせて絞りサンダルを拭きます。

タオルをきれいな水ですすぎ良く絞ってから、サンダルを水拭きして洗剤を落とし風通しのいい場所で乾かします。

サンダルの汚れを取る時に使うもので意外な物には消しゴムがあり、汚れをこすって汚れを絡めて取る事も出来ます。

石鹸にも皮脂汚れを分解する力があり、頑固な黒ずみを落としてくれますので中性洗剤の代わりに使う事が出来ます。
サンダルを多く履く方は、専用クリーナーを購入しておくと手入れを楽に行う事が出来ます。

サンダルの汚れの防止の仕方は?

サンダルに防水スプレーを使う事で、汚れの付着防止と布に汚れがしみ込むのを防いでくれます。

防水スプレーは1ヶ月ほどで効果が切れる物が多い為、こまめにケアをする事で防水効果を持続させる事が出来ます。

除菌スプレーを使う事で、菌の繁殖を軽減し臭いも防いでくれます。

雨の日に履いたら水気がなくなるまで風通しの良い所で陰干しをし、しっかり汚れを取り乾燥させる事によってカビ防止にもなります。

サンダル専用のおすすめクリーナーには、アウター&インナーローション コロンブスとシュークリーニングキット ジェイソンマークがあります。

アウター&インナーローション コロンブスは、革素材にも使う事が出来インソールのしつこい汚れまでしっかり落としてくれます。

防カビ成分も配合されていますので、雨や汗で濡れても安心です。

シュークリーニングキット ジェイソンマークは、サンダルの他スニーカーなどにも使う事が出来ます。

素材に優しい洗剤とやわらかいブラシがセットになっていますので、これがあればすぐに手入れをする事が出来ます。

お気に入りのサンダルは、きちんと手入れをしてから保管する事をおすすめします。

まとめ

サンダルを快適に履くためには、素材にあった日頃の手入れが必要になります。

防水スプレー、除菌スプレー、専用クリーナーを上手に使い足元のおしゃれを楽しむ事が出来ればいいですね!

スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA