家庭訪問の時のお茶の出し方やタイミングは?ペットボトルでもいいの?

新学期がはじまり新しい生活に慣れた頃に家庭訪問がありますが、親と子にとって先生が家に見える事は緊張の瞬間でもあります。

家庭訪問の時に先生に出すお茶の出し方や、ペットボトルでも問題がないのかなどを調べて見ました!

スポンサーリンク



家庭訪問の時のお茶の出し方は?

家庭訪問でのお茶はほとんど口に付けられない場合がありますので、あまり手の凝ったものを準備する事は不要です。

コーヒーや紅茶でも問題はありませんが、家庭訪問の場では誰でも飲む事が出来るお茶が無難です。

先生が見える時間は予定よりも早くなる事や遅くなる事もありますので、先生を待たせる事がないように事前に準備をしておきます。

家庭訪問では時間が限られていますので、お茶出しで時間を取られる事のないようにします。

お茶は天候に合わせて、暖かい飲み物か冷たい飲み物にするかを決めます。

先生によっては緊張で汗をかき荷物を持って急いで移動しなくてはいけない為、冷たいお茶が喜ばれる事もあります。

暑い日の場合は作り置きや市販の冷茶にし、先生が見えてからカップにお茶を注ぎ、両手で茶托を持って先生の左側に置きます。

寒い日の場合はお湯をポットで沸かしておき、暖かい日本茶か緑茶にして先生が見えたら湯呑にお茶を注ぎ、両手で茶托を持ち先生の左側に置きます。

茶托を必ず使用しなくてはいけないという事はありませんが、先生をおもてなしする際にはあった方が良い印象を与えてくれます。

スポンサーリンク



家庭訪問のお茶を出すタイミングは?

先生が見えたら玄関で挨拶をして中に入っていただき、リビングに見えたら席へ案内し座っていただきます。

お茶を出すタイミングは先生を席に通してからすぐに出しますが、座った瞬間ではなくワンテンポ置いて先生の様子を伺いながら出します。

冷茶の場合は、両手で茶托を持ち先生前に出した後に席につきます。

暖かいお茶の場合は、話をはじめてから湯呑にお茶を注ぎ、両手で茶托を持ち先生に出した後に席につきます。

おしぼりはお茶と一緒に出すと、とても喜ばれますのでおすすめです。

暑い日には冷蔵庫で冷やしたおしぼりで、肌寒い時には温かいおしぼりを準備します。

暖かいおしぼりは、水で絞ったおしぼりをレンジで30秒加熱すれば簡単に出来ます。

玄関先で家庭訪問を行う場合は、基本的にお茶は不要になりおもてなしの心が伝わればお茶は出さなくても大丈夫です。

事前の案内や先生から申し出があった場合は、子供の学校での様子について話す事に集中します。

先生が帰られる時に「お茶もお出しせずにすいません」と伝える事でお互いが嫌な気持ちにならずに済みます。

家庭訪問の時のお茶はペットボトルでもいいの?

ペットボトルのお茶をそのまま出しても大丈夫ですが、グラスに注いで出す事で見た目が良くすっきりします。

先生によっては作り置きのお茶がいつ作られたか気になる方もいますので、ペットボトルの方が衛生面から見ても喜ばれるようです。

家庭訪問を行う先生方は、1日に分刻みのスケジュールで数件の家を回られます。

せっかく出していただいたお茶を残すのが申し訳なく、飲んでくださる先生もいらっしゃいます。

お茶を飲む事でお腹がいっぱいになりトイレに行きたくなる事もありますので、正直な気持ちとしては飲みたくないと思っている先生も多いようです。

お茶を飲んでいただけないからとペットボトルをそのまま渡す方法もありますが、先生の荷物を増やしてしまう事にもなりますので注意が必要です。

先生によって考え方の違いもあると思いますので、無理に渡す事はせずに喜んでいただけた時に渡すようにします。

子供を育てていく過程で学校生活を避ける事は出来ず、友達関係も大切ですが教えて下さる先生によっても左右されます。

家庭訪問で先生との信頼関係を、少しでも築けるようにする事が子供の為になるようです。

まとめ

お茶を出すタイミングや出し方は少々難しい点もありますが、慌てずにスムーズに行う事で、先生との会話が上手くいけばいいですね!

スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA