家庭訪問を玄関でする場合に座布団は必要?お茶は出すの?

ゴールデンウイークを終えてから、幼稚園や小中学校では一斉に「家庭訪問」という行事が始まります。

私も二人の子供がいますので、何度も経験してきました。

その際に思っていたのが、短時間の中でいかに丁寧にお迎えできるか、ということでした。

また学級の人数や地域を回る移動時間の都合で、先生方は苦労していると感じていました。

このような家庭訪問の疑問について、ご紹介したいと思います。

スポンサーリンク



家庭訪問を玄関ですませるのはあり?

家庭訪問は、子供の学校での様子や家庭での様子を保護者と担任で情報交換するというお互いに大事な時間です。

しかし、生徒数に対して予定は組むもののどうしても短時間になってしまい、時間は学校によると思いますがおそらく10分~15分程度。

その中で、担任と保護者間でのコミュニケーションがいかに取れるかが大事だと思います。
限られた時間を有効に使うためなのか、最近は玄関先で話を済ませるというやり方もあるようです。

そのときは、先生の方から申し出がない限り「どうぞ中へお入りください」と部屋にお通しするのが一般的なマナーですが、個室になるという点でそれを避けるケースが多いのです。

私がこれまで経験してきたときは、部屋にお通しして受け入れていただきました。

しかし、玄関で済ませることになった場合はどうしたらいいのでしょう。

いくら玄関であっても、立ち話というのは先生に対して失礼に当たります。

そして玄関での話になった場合は、一度座ることを先生に勧めるのが好ましいです。

ここで、先生がお座りになればこちら側も座っていいのですが、もし立ったままで話されるようでしたら、無理に座ることを勧めずに立ったままで話をするようにします。

あくまでも、先生の意向を尊重するようにしましょう。

スポンサーリンク



家庭訪問を玄関でするときに座布団は必要?

部屋に入ることなく、玄関での家庭訪問も多くなった現在ですが、床に先生を座らせるのはやはり申し訳ない気持ちになりますね。

移動時間をかけてわざわざ来てくださった先生に対して、精一杯のおもてなしをしたいものです。

でも、限られた時間で少しでも多くの情報を交換したいという先生とこちら側の考えから、余計な時間を使わないことも大事です。

やむを得ず玄関での話になったら、せめて座布団を勧めるのがいいでしょう。

勧めても「このままでお話しさせていただきます」などと言っていただくなら、お互い立ったままの話になりますが、お座りになる場合はこちらも座ります。

ここで礼儀作法として、座る位置に気を付けます。

日本の伝統的な礼儀作法として、自分から見て目上の人や上位(高位)にあたる方が左側に座るということがあります。

玄関での家庭訪問なら、正面から見れば右側に先生、こちら側は先生より少々下がって左側に座るようにします。

その位置に先に座布団を置くようにすると、先生も座りやすいでしょう。

玄関という限られたスペースですが、できる限り失礼にあたらないおもてなしを心がけます。

家庭訪問を玄関でしたときにお茶は出すの?

本来ならば、リビングや応接間にお通しして話をしたいところですが、先生のご意向により玄関ですることになっても、慌てず対応しましょう。

先程、玄関先でも座布団をお勧めするべきとご紹介したように、先生に対してのおもてなし・礼儀を通すという意味では、場所がどこであれお茶もお出ししましょう。

そもそも家庭訪問は、学校側で企画した行事です。

これといった決まりやマナーはありませんが、学校側から配布された案内に「お茶は不要です」とあらかじめ記載されていることもあるようです。

これは学校によりますので、基本的にはお出しするほうがいいかと思います。

いただくか遠慮するかは先生次第なので、手を付けなくても気にすることはありません。

先生の立場になってみると、何件も家庭をまわりその都度お茶を飲んでいてはいろいろと困ることもあるようです。

そういった事情もあるでしょうが、マナーとしてどうだろうか迷ったら、お茶はお出ししたほうが気持ちとしていいのではないでしょうか。

本来の目的は家庭訪問であり、飲むか飲まないかは先生の判断ですからあまり堅苦しく考えないことも大事です。

まとめ

最近は少子化の影響もあり、児童数もかなり減少傾向にあると聞きます。

でも、学校では行事や授業を簡素化することはしません。

家庭訪問もそのひとつ、先生は短時間でも保護者とコミュニケーションを図ることで、よりよい学校生活を送れるよういつも考えてくださっています。

めったに1対1で会って話す機会もないことですから、せめてもの礼儀を尽くすことが大事だと思います。

スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA