ジブリ美術館のチケットが取れない!キャンセル待ちや他の取り方などで手に入れるには!!

ジブリ美術館といえば、巨匠・宮崎駿氏が生み出してきた名作にちなんだ展示品が並ぶ、2001年に開館した美術館です。

来館者数の多い美術館として知られ、また日本では珍しく完全予約制のシステムを取っています。

そのため、来館するためのチケットを入手するのも困難な状況なのです。

このチケットの入手方法や、ちょっとしたコツをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク



ジブリ美術館のチケットが取れない!

ジブリ美術館は普通の美術館とはちょっと違い、行けば入館できるわけではありません。

コンサートのようにチケットを事前に購入しなければならないのです。

販売方法も独特で、毎月10日の午前10時から翌月分のチケットが販売されるのですが、いわば「限定販売」のために予約が殺到します。

夕方までには完売してしまうという人気ぶりですので、美術館が開館してからほとんど毎日混雑している状況です。

特に学校が休みになる時期はかなり混み合います。

この競争率を突破するためのコツをいくつか挙げてみましょう。

基本は、どの予約法でも10日午前10時には予約作業に入れるようスタンバイしておくことです。

ちなみに予約方法は以下の3通りです。

①電話で美術館に直接予約をする。

②インターネット(またはスマホ)から、ローソンチケットにて申し込む。

③直接ローソンに行って端末(ロッピー)で申し込む。

インターネットを使っての予約なら、早めにローソンチケットの会員登録をしておきましょう。

また、一人で予約作業をすると一つの方法しか選べませんが、協力してくれる人がいれば同時に予約作業をスタートさせると確率が上がりますね。

スポンサーリンク



ジブリ美術館のチケットのキャンセル待ちをすれば取れる?

平日でもかなり混雑するという、ジブリ美術館。

あまり期待はできませんが、当然「予約キャンセル」も出てくるでしょう。

複雑なシステムゆえにキャンセル扱いになることも多いので、諦めないで待ってみるのもいいと思います。

その複雑なシステムとは、10日に予約しても現金支払いなら3日以内にローソンで発券しないと自動的にキャンセルになるというのです。

キャンセル待ちを期待するなら、13日以降で3日ごとということになりますね。

意外にこの形のキャンセルは多いようですが、期待して取れなくなるよりも確実に日にちと時間を守って予約する方が確率はいいと思いますが。

このシステムを知らない人が何人いるかわからないですから。

それでもキャンセルに賭けるなら、ねらい目は13日です。

自分の希望日に近い日が取れるのは、キャンセルが一番多いこの日です。

自動キャンセルのために、13日・16日と3日ごとにチャンスはやってきますが、予約日に一番近いキャンセル日が一番キャンセル数も多いからです。

いずれにしても、ジブリ美術館は世界中からの予約者でいつも満員状態であることを忘れず、希望日に予約が取れないことを予想して第2・第3希望も決めておきましょう。

ジブリ美術館のチケットの別の取り方はあるの?

チケットの予約の仕方は先程ご説明しましたが、それ以外の予約法はないと思っていた方がいいです。

しかし、世の中にはどうしても違法であるのにチケットを入手する者が多くいるのも事実です。

人の心理を利用して、入手したチケットを転売するというやり方があります。

また、オークションサイトにも多数出ているのでそこで購入するということも出来ますが、最近では予約・発券の際に身分証明書を提示することになっていますので購入しても美術館で受け付けてもらえないことになります。

2016年7月からは、転売対策としてチケットには予約者の氏名が入っているため、オークションサイト等で入手しても違法となってしまい、せっかく楽しみにして入館しようとしても入場拒否になってしまいます。

ジブリ美術館を楽しむためにも、正式なルートでチケットを取りましょう。

友人に協力してもらった場合でも、氏名が本人と違っていれば結局入場できなくなりますので、そこは気を付けてくださいね。

まとめ

今や争奪戦ともいわれる、ジブリ美術館のチケット。

でも完全予約制で入館者が限られているほど、管理がなされている点では安心できますね。

世界的人気を誇る、ジブリワールドに足を踏み入れてみたいという人はまだまだいそうですね。

まだ一度も行ったことはありませんが、それほど人気なら行ってみたいと感じました。

スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA