高野山の紅葉の混雑の時の駐車場は停めれる?無料のところに停めるには?

高野山の参道はユネスコの世界遺産に登録されていることもあり、多くの人が訪れますが、紅葉の時期には特に多くの人が観光で訪れます。

ここでは、紅葉の時期の混雑度や駐車場の状況について紹介します。

スポンサーリンク



高野山の紅葉の混雑はどれぐらい?

高野山の駐車場は、常用駐車場は10か所、臨時駐車場が4か所の計14か所あり、常時では700、混雑時には800台ほど駐車できるようになっています。

中心部へのアクセスの良さや目立つところにあることから、金剛峯寺近くの駐車場を利用する人が多く、中心部に近い駐車場では普段でも空きが少ない状況にあります。

GWなどの長期連休や紅葉の時期では、多くの観光客が訪れることから、朝のうちは比較的空きはあるものの、昼前になると満車のところが多くなり、空車待ちの車の列ができてしまうほどです。

混雑する時期を除けば、観光で訪れたとしても目的地の近くに駐車して、車で移動しながら、ということも可能ではありますが、混雑時には、駐車場の空きがなかなかできませんので、一度停めたところから車で移動する、ということは考えないほうが良いでしょう。

朝早い時間に行くことが難しければ、公共交通機関であるバスを利用することをお勧めします。

バスを利用する場合は、道路の混雑は避けようがなく本数は少ないですが、バス専用の駐車場がありますので、駐車場を探したり空きを待つ必要がないので、駐車場に関するストレスはほぼないと考えてよいでしょう。

スポンサーリンク



高野山の駐車場はどれぐらい混雑するの?

前述もしましたが、紅葉の時期のように、多くの観光客が訪れ混雑する時期には、駐車場の空きを待つ車の列ができ、それが原因で道路が渋滞することもあります。

混雑の時期でも比較的停めることのできる可能性がある駐車場は、大門南と中の橋駐車場の2か所です。

この2か所の駐車場は、いずれも200台程度の駐車スペースがあること、中心部から少し離れていることから、比較的駐車しやすい状況にあるのです。

車で訪れる観光客は、できれば目的地に近い、中心部に近いところに駐車したい、という気持ちが少なからずあるものですので、混雑時には特に、中心まで行って駐車場を確保できるかもしれない、という期待を持つよりは、遠くとも駐車スペースを確保することを最優先に考えたほうが良いでしょう。

駐車場は中心から順に埋まっていく傾向があります。

中心から離れていたとしても、紅葉時は昼前にはどこの駐車場も満車になってしまい、路上駐車する車もでてきてしまいます。

臨時の駐車場も開設されるとはいえ、年々訪問客が増えてきていることもあり、開設される駐車場で収容しきれないほどの混雑があるであろうことを想定して行動したほうが良いでしょう。

高野山の駐車場で無料のところはある?

高野山の駐車場は、常用駐車場、臨時駐車場もほとんどが無料で利用することができます。

駐車場の情報は、高野町のホームページで確認することができますが、そこに記載されている駐車場は無料駐車場ばかりです。

常用駐車場は無料で24時間利用可能であり、近くにトイレがある駐車場では、車中泊をしている人もいるようです。

ホームページに記載されていない駐車場のほかにも小規模の駐車場がありますが、そのうちのひとつ、一の橋観光センターの駐車場は有料です。

一の橋の近くにある駐車場になり、観光センターがあるために初めての人にとっては便利なところではありますが、駐車料金は、最初の1時間が400円、以降30分毎に150円とされているため、そこを拠点としてゆっくり観光を、と考えている場合には、駐車場代だけで千円以上かかってしまう可能性もあります。

混雑時には、とりあえず空いている駐車場を探して、空いていそうなところに入ってしまいがちですが、数少ない有料駐車場にあたってしまう可能性があるので駐車場の場所や収容可能台数、料金などについて事前に確認しておきましょう。

まとめ

紅葉の時期に観光名所である高野山に行く場合には、朝早い時間を狙って、駐車場を確保することをお勧めします。

駐車場の場所や収容台数を事前に確認しておくとよいですね。

スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA