スチームアイロンって効果あるの?霧吹き使った方がいいの?どんな素材が適してる?

アイロンがけをするとき、ドライ設定にして使っている方が多いと思いますが、皆さんはスチームアイロンの機能があることを知っていますか?

あんまり使用していない、とか、シワも取れなさそう・・・とか、そう考えている方も多いですよね。

実は、スチームアイロンは手軽に使えてシワもしっかり伸ばせるんです!!

今回はそのスチームアイロンについて詳しく見てまいりましょう^^

スポンサーリンク



スチームアイロンの効果は?

スチームアイロンとは、蒸気でシワを伸ばすアイロンの機能です^^

皆さんがよくお使いのドライアイロンは、熱と圧力でシワを伸ばすタイプのもので、アイロン台を引っ張り出して比較的時間をかけて行うものなんですね。

その一方、スチームアイロンは立ち上がる時間も早く、必ずしもアイロン台が必要というわけではなくハンガーにかけたまま使用できることがメリットと言われています。

また、高温の蒸気はシワを伸ばしてくれるだけでなく、脱臭・除菌・防虫効果も期待されていますよ^^

シワ伸ばしの効果としては、洋服の生地の素材にもよりますが、ドライに比べると少し劣るかもしれません。

しっかりシワを伸ばしたい方には不向きかもしれませんが、手っ取り早くアイロンがけをしたいときやセーターをふっくら仕上げたいとき、スラックスやプリーツの折り目をつけるときなどはスチームアイロンの方が適していると言われていますよ♪

ちなみに、使い始めは慣れてないため、スチーム用の水の給水の仕方やアイロンがけのときの力加減などで苦戦する方もいるみたいです。

それでも、最近では持ち運びしやすいハンディスチーマーやコンパクトアイロンといった便利なものも販売されているので、アイロンにあまり時間をかけたくない方は練習も兼ねて使用してみてはいかがでしょうか^^

スポンサーリンク



スチームアイロンなのに霧吹きがあったほうがいいの?

スチームアイロンは蒸気でシワを伸ばすものなので、少しの水分を含ませながらアイロンがけをするんですが、霧吹きがあればさらにシワが伸びきれいに仕上がると言われています。

これは、乾いたシャツなどに水分を与え、繊維を柔らかくしておき、シワを伸ばしやすい状態にしているんです^^

細かい話をすると、シワができる理由として、繊維の分子が着用したときや洗濯したときに負荷がかかり、きれいに並んでいた繊維分子たちがバラバラになることからシワが発生するんですね。

その分子たちをきれいに並べ直さないといけないんですが、そこでアイロンの登場となるんです。

熱と圧迫する力によって分子をきれいに並べるんですが、アイロンをかける前にある程度分子たちをまとめておく必要があるんです。

そこで霧吹きが有効なんです!

バラバラになった分子に水分を含ませてある程度集めておき、そこにアイロンで熱を与えることで、生地の繊維がきれいに並び、それによってシワがなくなるんです。

スチームアイロンだけでなく、ドライアイロンでも霧吹きをしながらアイロンをあてていくと、さらにきれいに仕上がりますよ★

霧吹きの中は水ですが、フレグランススプレーや消臭スプレーでも代用OKです♪

霧吹きは100均でも販売されているので、すぐに手に入りますし値段もお手頃ですね^^

霧吹き、是非試してみてください!

スチームアイロンはどんな素材ならきれいになる?

皆さん、アイロンがけをするときに、生地の素材マーク、チェックしていますか?

実は、ドライアイロンとスチームアイロン、それぞれ適している素材があるんです!

ドライアイロンは、綿や麻の素材の洋服に適しており、高温の熱と力によってしっかりシワを伸ばすことができるのに対して、スチームアイロンは薄手の綿やウール素材のセーター、ズボンやスカートのプリーツに適しています。

ポイントとしては、生地の素材そのものが水分を含みやすいかどうかということ。

霧吹きを使ってしっかり水分を含ませ、高温の熱と力でしっかりシワを伸ばすドライアイロンは、水分を含みやすい綿や麻が良い反面、ウールは水分を取り込みにくいので、スチームアイロンから出る蒸気で素早く生地に水分を含ませ、熱によってシワを伸ばすことができます。

霧吹きの水も蒸気の水も、同じ水分なんじゃないの?と疑問に感じる方が多いと思いますが、蒸気の水の方が霧吹きの水よりも粒が小さく、水分を含みにくいウール素材の繊維にも入り込みやすいので、ウールはスチームアイロンの方が向いているんですね^^

ドライアイロンとスチームアイロンを使い分けて上手くアイロンがけしてシワを伸ばしましょう!♪

まとめ

いかがでしたか?

アイロンがけは時間も手間もかかるため面倒だと考えている方が大半だと思いますが、手軽に行えるスチーム機能もありますので、ハンガーにかけたままで簡単にアイロンがけしてみてください!^^

スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA