車の落ちない汚れ対策!ガラスやボディの落ちない汚れはこれで取れる!

洗車って、みなさんはどうしてますか?

最近の自動車はカラーも豊富で、汚れもひどくなると目立ってしまい自分だけでは手に負えない時もあります。

ボディの上部についた頑固な汚れなどは洗うのも大変で、結局ガソリンスタンドにお世話になるということもあるでしょう。

今回は、自分の愛車を長く乗るためにも汚れの落とし方のコツなどをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク



車の落ちない汚れはどうしたらいい?

車につく汚れとひとくくりにしても、さまざまな汚れがあるものです。

大きく分けて「水性汚れ」と「油性汚れ」の二種類になりますが、他にも汚れの原因によっていろいろあるようです。

「水性汚れ」とは、砂や泥、最近では黄砂などもありますが、水で洗い流せる程度の汚れのことです。

ならば簡単と汚れを放っておくと、時間が経つにつれ水だけでは落ちにくくなるので注意しましょう。

水性汚れの救世主として、最近通販やホームセンターで見かける「高圧洗浄機」があります。

この洗浄機でなくても、水道のホースを使って砂やホコリはたいていきれいに流れ落ちます。

ここで注意点ですが、水をかけっぱなしで放置せず車専用のクロスなどの吸水性があってやわらかい布で水分を拭き取っておきます。

拭き残しは、車体のシミの原因になると言われていますよ。

厄介なのが「油性汚れ」で、空気中の排気ガスや車に施した撥水コーティング剤、油などの油膜と呼ばれる汚れです。

水では簡単に落ちないので、車専用の洗剤(カーシャンプー)を必ず使用しましょう。

これは車全体に使えるものがほとんどですが、購入の際に成分や使用法をよく確認するといいと思います。

あまり強い成分が入っていると、洗車後のトラブルになりかねません。

カーシャンプーで洗浄後は、水洗いの時と同じようにしっかり拭いておきます。

スポンサーリンク



車のガラスの汚れが落ちないときは?

車のフロントガラスは、外側はもちろんですが意外に内側も汚れています。

でも、まずは外側についたさまざまな汚れを落としましょう。

一番多い汚れは、砂やホコリですが、時に「鳥のフン」がべったりついているときありませんか?

鳥のフンは虫の死骸と同様、乾いてしまうと水洗いでは簡単に落ちません。

これらは中に含まれる「酸性」の働きで、塗装面を傷つけてしまうのです。

フンや死骸をガラスに見つけたら、まずは擦らずにウェットティッシュなどでふき取れる分を除去します。

その後ホースや高圧洗浄機などで水洗いし、さらにカーシャンプーで優しく洗いあげましょう。

そしてしっかりすすぐことを忘れないでください。

すすぎが終わったら、拭き残し(水滴や水垢など)のないようにクロスで拭いていきましょう。

跡が残るということは、拭く前に水分が乾いてしまうためなので、これを防ぐために曇りの日や湿気の多い日・気温の低い時間帯を選んで洗浄するのもコツですよ。

使用するクロスは、マイクロファイバーで仕上げ拭きをすると仕上がりが見違えるほどです。

外側が終了したら、ぜひ内側もマイクロファイバークロスで拭いてみてください。

視界がパーッと明るくなること、間違いなしです。

車のボディの汚れが落ちない場合は?

フロントガラスや他のガラスを洗浄するのと同時進行で構わないので、ボディの汚れも落としてしまいましょう。

ボディにはフロントガラス同様、直接風や砂が当たるのでこまめに洗いたいものです。

車庫がなく外に放置したままの場合や水洗いだけという時は、ボディは紫外線によって塗装が変質している場合があります。

また鉄の粉が何らかの理由でボディに付着すると、ボディと共に錆びてしまうこともありますので、気が付いたらすぐカーシャンプーで洗浄するのがお勧めです。

重要なことは、汚れの種類を見極めてそれに合った洗浄方法を守るということです。

単なる砂やほこりにはカーシャンプーは必要ないのですが、油分を含んだ頑固な汚れは高圧洗浄機でさっと流してから、カーシャンプーで擦らずに洗いましょう。

摩擦は傷の原因となり、できてしまえば汚れがその中に入り込んで落ちにくくなります。

そして、仕上げの拭き取り作業も丁寧に行えば愛車はピカピカに生まれ変わりますよ。

ここまでしても落ちないような頑固な汚れは、無理に落とそうとせずに専門の業者やガソリンスタンドに相談してみましょう。

まとめ

みなさんもおそらく、愛車を家族や家のように大切にしていることでしょう。

ちょっとしたコツや手間で、汚れって落ちるものなんですね。

考えてみれば、台所のしつこい油汚れの洗剤や普段の衣類洗濯用洗剤など、汚れに合わせて洗剤や洗浄方法も工夫されています。

永く乗っていたい車ですから、お手入れも怠らないようにしたいものです。

スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA