結婚式のお礼状をはがきで出すときの例文は?写真はつけた方がいい?

結婚式や披露宴では貴重な時間を割いて参列して下さった他に、交通費やお祝いなど様々な負担がかかります。

わざわざ駆けつけて下さった方々へお礼を伝える為に、はがきでお礼状を出すときの注意点などを調べて見ました!

スポンサーリンク



結婚式のお礼状をはがきで出すときに気を付けた方がいいのは?

お礼状は直接ご挨拶に出向く事が出来ない方へ、郵便を活用してお礼を伝える為に送る目的があります。

お礼状に一般的な決まりはありませんが、それぞれの風習や親族などのルールを確認し、双方の親に聞く事をおすすめします。

お礼状を書く場合のポイントでは、お礼の気持ちを述べて自分の事だけではなく二人が喜んでいる様子を伝え、今後のお付き合いや支援をお願いする言葉を入れて書きます。

お礼状を書く時には、感謝の気持ちを自分の言葉に替えて届ける事が大切です。

お礼をする相手との関係とお礼の内容は状況によって使い分け、別れを連想する言葉や不幸を連想させる言葉は使わないようにします。

はがきでお礼状出す時の特徴では、差出人の住所はできるだけ表面に書き簡単な文章で用件を伝えます。

長文を作文しなくて済み、季節感を伝えてサプライズを与える事が出来、個性的な表現やレイアウトをする事が出来ます。

はがきは細かい決まりやしきたりが少ない為、気軽に書く事が出来ます。

結婚報告のはがきは必ず出さなければいけない物ではなく、出さなくても失礼に当たる事はなく問題ないようです。

スポンサーリンク



結婚式のお礼状の例文は?

友人へのお礼状の例文では「新緑が眩しい季節となりました。この度は素敵なプレゼントを有難うございました。二人で大切に使わせて頂きます。新居もようやく片付きましたので時間のある時に遊びにいらして下さい。ひとことお礼まで」の後に夫のフルネームと妻の名前を書きます。

先輩へのお礼状の例文では「拝啓 連日暑い日が続きますがお変わりなくお過ごしでしょうか?私たちの結婚式には遠くからわざわざ出席していただき有難うございました。お祝いに頂いた品は大切に使わせて頂きます。新居も片付きましたので一度こちらの方へ遊びにいらして下さい。それではお体に気を付けて 敬具」の後に夫のフルネームと妻の名前を書きます。

結婚披露宴でスピーチ、祝辞を頂いた方へのお礼状の例文では「拝啓 ようやく春めいてまいりました。私どもの結婚式ではお忙しい中出席いただきまして有難うございました。披露宴で頂いたご祝辞を今後とも忘れずに暖かい家庭を築きたいと思っております。まだまだ未熟な私たちですが今後ともよろしくお願いいたします。ごあいさつまでに 敬具」の後に夫のフルネームと妻の名前を書きます。

結婚式のお礼状と一緒に写真を添えた方がいい?

現在では、携帯電話やスマートフォンなどで手軽に写真を撮る事が出来ますが、プロのカメラマンが撮った写真は、構図なども上手でとても綺麗です。

結婚式をするカップルも少なくなり記念に欲しいと思う方も多いようですので、お礼状と一緒に送る事をおすすめします。

テーブルフォトなどの集合写真では、撮った物をもらえないと残念に思う方も多いようです。

送る写真では、テーブルフォトの写真、集合写真、スナップ写真など本人が写っている物を送るようにします。

写真データーだけを送ると相手が印刷しなければいけなくなりますので、印刷したものを送るようにし、写真を印刷する際はL判(台紙)にします。

多くのアルバムはポケットタイプでL判対応ですので、L判の方が出し入れがしやすく扱いやすく喜ばれ、L判は定形郵便となる点も良い所です。

集合写真とテーブルフォトは、2Lくらいの大きな用紙にした方がいいのではと思いますが、基本的にはL判で大丈夫です。

送る相手の方の顔が小さく判別が難しいような時には、L判よりも大きいものにした方が喜ばれるようです。

まとめ

はがきで出すお礼状は堅苦しく考える必要はなく、自分の言葉で素直な気持ちを伝える事が大切です。

祝って下さった方に、幸せな姿を見せる事が一番かもしれませんね!

スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA