結婚式のお礼状はいつまでに出すの?遅くなったら年賀状と一緒でもいい?

結婚式の後は何かと忙しく、お礼状を出す事は少々負担を感じる事のひとつのようです。

結婚式に来て下さった方などへのお礼状はいつまで出せば失礼にあたらないのか、年賀状と一緒でも問題がないのかを調べて見ました!

スポンサーリンク



結婚式のお礼状はいつまでに出さないといけない?

結婚式のお礼状は遅くなりすぎると失礼にあたりますので、できる限り早めに出すようにします。

早めが良いといっても、結婚式の翌日に出すのは控えた方がいいようです。

新婚旅行に行く予定がある場合は、お礼状の準備を結婚式の前からある程度進めておくと安心です。

写真の用意があると思いますが、結婚式から1ヶ月後までにお礼状を出し終えるようにします。

1ヶ月ではカメラマンからの写真が届かないケースもありますので、2ヶ月くらいを目安にします。

結婚式のお礼状はだいたい1ヶ月を目安にし、遅くても2ヶ月までには送るようにします。
結婚式に参列して下さった方、祝電を送ってくれた方、ご祝儀やお祝いの品を贈ってくれた方によって、お礼状を出す日にちが多少異なります。

仲人や主賓、受付、司会を務めてくれた方には、1週間以内を目安にお礼状を送ります。

現在ではお礼状をメールで送る方もいて、披露宴翌日から1週間以内には送信するといいようです。

お礼状は手書きの封書、ワープロ印字の封書、はがきの順で丁寧とされていて、世間一般の評価としては、メール、はがき、電話、便箋という順で重きを置く方もいます。

スポンサーリンク



結婚式のお礼状が遅くなったらどうする?

結婚式が終わった直後は新居の準備もあり、何かと忙しくお礼状を出すタイミングが遅れてしまう事があります。

お礼状が遅れてしまうと祝って下さった方に心配をかけてしまいますので、あまり間を開けずに送るようにします。

結婚式のお礼状を送る目安は1ヶ月〜2ヶ月になりますので、これ以上遅くならないように注意が必要です。

お礼状を送るのが遅くなった場合は、よほど気軽な相手でない限り一番丁寧な手書きの封書で出すのが妥当です。

お礼状の構成は、頭語、時候の挨拶と相手を気遣う言葉、結婚祝いのお礼と品物に関する感想、結婚式に出席していただいたお礼と二人の近況報告を書きます。

その後に今後のお付き合いでお願いする言葉、結びの挨拶、結語、名前、住所を書きますが、送れた場合はこの文面の中にお詫びの一文を添えます。

お詫びの一文には「新生活の忙しさに取り紛れお礼が遅くなってしまい心よりお詫び申し上げます。」があります。

他には「本来ならばすぐにでもお礼を申し上げるべきでしたが、新生活の慌ただしさに取り紛れお礼が遅くなってしまった事を心よりおわびいたします。」があります。

結婚式のお礼状は年賀状と一緒でもいい?

年賀状と結婚式のお礼を一緒にしてしまうのはあまり礼儀に良くなく、結婚式のお礼状は結婚式のお礼文として送るようにします。

年賀状は新年のあいさつやまた1年間よろしくお願いしますという意味を込めて送りますので、年賀状を結婚式のお礼状代わりに出すのはあまりおすすめできる事ではない様です。

結婚式のお礼状を送った後に、簡単なお礼文を年賀状に添えるのは問題ないようです。

年末が近い場合は年賀状で結婚報告を先に送り、後日写真を送付する方法もあります。

会費制の披露宴を行った場合は、年賀状と一緒にお礼文を添えても問題はなく、個人的には失礼にはならないようです。

年賀状には年賀状の意味がありお礼状とは違いますので、会社関係の方には年賀状と一緒に済ますのは遠慮した方がいいようです。

親しい関係では年賀状にお礼を一言添えても問題はなく、仲人さんや親戚、上司など目上の方にはお礼状を出した方が無難のようです。

お礼状を年賀状と一緒に出してもマナー違反にはなりませんが、出す相手によって失礼に当たる事もありますので注意が必要です。

まとめ

結婚式のお礼状は出すタイミングも大切ですが、忙しさに取り紛れて送れてしまった場合は、お詫びの一文を添えて感謝の気持ちを伝える事が出来ればいいですね!

スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA