結婚式の内祝いのお礼状を親戚に出すときに封筒や便箋はどんなものがいい?

結婚式に呼ばなかった方や欠席された方から結婚祝いを頂いた場合には、内祝いとして品物と併せてお礼状も一緒に送ります。

内祝いのお礼状を親戚に出す際には、どんな封筒や便箋を使用すればいいのかを調べて見ました!

スポンサーリンク



結婚式の内祝いのお礼状を親戚に出すなら?

結婚式の内祝いを贈る時には、一般的に結婚式が終わってから少なくても1ヶ月以内にお返しをするのがマナーとなり、結婚式を挙げない場合は入籍から1ヶ月以内が適切です。

お祝いごとの文面では、区切りや終わりをつけないよう句読点はつけないとされています。

カジュアルな関係や文面ではそれほどこだわる必要はなく、年長者や格上の方へ送るフォーマルな文面では気を付けた方がいいようです。

内祝いのお礼状はお祝いへの感謝の気持ちを表す事が重要で、お祝いをして下さった相手に読んでいてうれしくなるような丁寧な内容を心がけます。

親戚とのお付き合いはこれからも重要になりますので、感謝の気持ちを充分に伝え、結婚後の近況報告やこれからの決意表明などを添えたお礼状を内祝いに付けます。
親戚への内祝いの品には、数が重なっても困らないような日曜消耗品や日持ちのする食品類が喜ばれるようです。

カタログギフトは贈る方が品物を選ぶ手間を省く事が出来、贈られた方も自分の好みの物を選ぶ事が出来ますのでおすすめです。

商品券は金額がはっきりわかってしまう為、嫌う方もいるようですので注意が必要です。

結婚式の内祝いのお礼状の封筒はどういうのがいい?

改まった手紙を書く際には、カラーや模様が入った封筒は避け白無地を使用し、形状は和風筒の縦書きが基本となります。

洋封筒は主に挨拶状、招待状、案内状を送る場合や親しい相手へのカジュアルな手紙に使用されます。

洋封筒は和封筒と異なり長い方が開封口になっている為、写真やカードを同封する場合に便利です。

封筒には一重の封筒と二重の封筒があり、正式な手紙には二重の封筒を使います。

二重封筒は最も格式のある封筒で、中に大切な内容が書かれていますという意味を持ちます。

結婚式のお礼状に使用する封筒は白無地で二重の和封筒が最適で、内祝いのお礼状は普通の手紙とは違いますので格式のある封筒を使います。

結婚内祝い用の封筒と便箋がセットになって販売されている物もありますので、送る相手に合わせて購入すると便利です。

お世話になった人や目上の人に出す場合は、文房具を取り扱っている文房具店の物がおすすめです。

文房具店は専門のお店とも言えますので、大切な人にお礼状を出す場合は色んな商品の中から選ぶ事が出来ます。

封筒は便箋のサイズに合った物を選ぶ事も大切です。

スポンサーリンク



結婚式の内祝いのお礼状をどんな便箋に書けばいい?

改まった手紙を書く場合は、便箋の色は白無地を用いカラーや模様が入った便箋は親しい相手にあてる場合に使用します。

便箋には罫線がないもの、縦罫線のもの、横罫線のものがあり、罫線がないものは改まった手紙など全ての用途に使用できます。

縦罫線の便箋も罫線がない便箋と同様に全ての用途に使用出来、横罫線の便箋は基本的にカジュアルな手紙として親しい相手にあてる場合のみ用いるのがマナーです。

上司や目上の人に出す場合は、白無地か罫線だけが印刷されているシンプルな便箋を使用し縦書きで書くようにします。

100均のセリアで販売されている「伊予和紙画仙目便箋」は、罫線が比較的広いので文字が苦手な方でも書きやすい便箋でおすすめです。

お礼状は万年筆か毛筆で書くのがふさわしいと言われていますが、ボールペンや筆ペンでも良く色は青か黒に統一します。

お礼状を出す時の最低限のマナーは誤字や脱字がない事ですので、便箋に文章を書いた後は必ず見直すようにします。

誤字、脱字の部分を塗りつぶしたり、修正ペンを使って消したりせずに新しい便箋に書くのがマナーとなります。

まとめ

内祝いのお礼状を送る際も結婚式のお礼状と変わりはないようです

親戚の方とはこれから色々な付き合いがあると思いますので、きちんとした内祝いのお礼状を送る事が出来ればいいですね!

スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA