台風の時の雨戸の効果は?閉めるタイミングはいつ?ない場合に代わりになるものは?

日本では、夏から秋にかけて台風が上陸したり、近くを通過したりします。

昔から、台風が近づいてきたら窓が割れるのを防ぐために雨戸を閉めることと言われてきました。

ここでは、台風のときの雨戸について説明します。

スポンサーリンク



台風の時の雨戸の効果は?

台風の時には、雨戸を閉めるようにといわれてきた人が多いかと思います。

台風のときに雨戸を閉める理由は、窓ガラスが割れないようにするためです。

台風のときに窓ガラスが割れる原因は、台風によってものが飛ばされ、それが窓ガラスにぶつかることによるものです。

バルコニーなど窓の近くに物を置いている場合は、それらが吹き飛ばされて窓にぶつかる可能性があります。

飛び散ってしまうものを置いておかない、ということも大切なことですが、飛んでくるものは近くにあるものばかりとは限りません。

路上に置かれている袋や木の枝なども吹き飛ばされますので、そのようなものが飛んでくることだってあります。

風速が強い場合には、吹き飛ばされた小石や濡れ布巾であっても、強い力でぶつかりますので、窓が割れることがあります。

つまり、窓が割れたり破損したりしないように、雨戸やシャッターがある場合には、台風が近づいてきたら閉めておいたほうがよいということになります。

雨戸やシャッターは、防犯上の効果もありますので、ご自宅にあるのであればぜひ活用してください。

スポンサーリンク



台風の時に雨戸を閉めるタイミングは?

台風のときに雨戸を閉めるタイミングは、前述もしましたが、台風が近づいてきたときです。

天気予報等で台風情報を確認し、雨風が強くなる前に戸締りとともに閉めてしまいましょう。

雨風が強くなってくると、手動の雨戸の場合は閉めるために外に出なければなりませんし、暴風雨の中では怪我をする可能性もでてきます。

台風が近づいてきているのであれば、不要不急の外出は控えるように、という注意が出されるはずです。

自己防衛のためにも、台風が近づく前に帰宅して、自宅に被害が出ないようにしましょう。

最近では、雨戸ではなくシャッターが設置されている家もあります。

手動のもの、自動のものがありますが、自動の場合には外に出ることなく開閉することができるので、雨が降っていても濡れずに閉めることができるので大変便利です。

雨戸やシャッターを閉める前に暴風雨となってしまった場合、閉めるために外に出なければなりませんし、自動の場合も不具合があって閉まらない、という可能性もゼロではありません。

雨戸やシャッターは、台風が近づいてくることが分かったときに閉めることをお勧めします。

台風でも雨戸がない場合はどうしたらいい?

最近の住宅は、雨戸の代わりにシャッターが設置されているところもありますが、雨戸もシャッターもない家も多くあります。

その場合にはどうしたらよいのでしょうか。

雨戸やシャッターは後付できますので、風の強い地域や、立地上必要な場合には設置することを考えても良いでしょう。

窓には、通常の窓ガラスのほかに、強化ガラスや金網入りのガラスがあります。

心配な場合には、窓ガラスを交換してもよいでしょう。

ほかに、ガラスの飛散防止フィルムをはるのも効果的です。

上記のように、万が一の対策を講じることも大切ですが、まずは、バルコニー等の窓付近に、台風時に飛ぶ可能性があるものを、飛ばないように対処することが第一かと思います。

物干竿や植木鉢、ほうきなどは室内へ入れたり、大きなものはロープなどで固定したり、飛散防止の処置をしてください。

暴風の中、窓ガラスが割れてしまっては、雨風の影響で応急処置もままならなくなります。

こんなものまで、と思うかもしれませんが、思わぬものから被害を受けることがありますので、十分すぎるくらいの対策をとることが大切です。

まとめ

台風時には雨戸やシャッターを閉めましょう。

無い場合には、後付もできますが、まずは外に置いたままのものの飛散防止対策が大切です。

スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA