脇汗の黄ばみが臭いワキガがついたときの落とし方は?そのあとワイシャツに黄ばみがつかないように防止するには?

夏になると大量の汗をかきますね。

汗は臭いも気になりますが、かかないと体に悪影響を及ぼすので健康のバロメータにも役立っているのです。

でもこの汗によっておこるトラブルも困りますね。

代表的なものが「汗じみ」・「ワキガ」といった誰にでも悩んだことのあるものです。

今回は、この汗に関する悩みについて解決法や予防法をご紹介していきます。

スポンサーリンク



脇汗の黄ばみが臭い時は?

脇汗は夏場だけでなく一年中かいているものです。

寒くても汗は体中から出ているのですが、あまり実感しないのは下着などで吸収しているからと汗の量が夏場と違うからなのです。

問題なのはこの汗の性質!

人間の脇の下には2種類の汗腺があるのをご存じでしたか?

1つ目は「エクリン腺」という、運動時や暑さによる汗を出す腺。

この腺から出る汗は99%が水分のため、臭いもなくさらさらしたものです。

一方、臭いの原因となる「アポクリン腺」という汗腺から出る、脂質やたんぱく質・アンモニアを多く含む少々黄色みがかった汗が問題です。

いわゆる「ワキガ」はこのアポクリン腺が多く、出る汗も多いために臭いのもとになるのです。

人間ならこの2つの腺はたいてい持っていますが、アポクリン腺の割合が多い人もいますので、臭いが気になってしまうのですね。

対策としては、こまめに汗を拭きとること・脇の下の毛を処理することが必須条件です。

また、アポクリン腺の汗は放置するとベトついて臭いの原因となりますから、できれば濡れたタオルか制汗作用のあるウェットシートやスプレーを使うといいでしょう。

スポンサーリンク



ワキガもついた黄ばみの落とし方は?ワイシャツの黄ばみを防止するには?

男性も女性も今は仕事場で白いシャツやブラウスを着用しますね。

当然、汗をかくと脇の下はもちろんですが汗じみが気になりませんか?

汗をかいたまま長時間シャツを放置しておくと、ワキガでなくても汗をかいた箇所にはシミができてしまいます。

背中や胸は肌着が汗を吸いますが、脇の下は直接シャツに触れるので汗がしみこんでしまいます。

一番簡単なシャツの黄ばみ防止としては肌着の着用ですが、暑い夏には半袖のシャツの時が多いでしょうから肌着で脇の下をカバーするのは難しいでしょう。

そんなときは、「汗脇パッド」の使用をお勧めします。

これはもともと半袖などの肌着についている場合もありますが、ついていないときはワイシャツに直接取り付けるタイプを使用するといいですよ。

洗濯して繰り返し使えるのもありますが、臭いが気になるときは使い捨てタイプがお勧めです。

根本的な観点から改善するには、食生活も見直してみましょう。

汗の臭いを強くする食べ物として挙げられるのが、肉類とファストフードなどの油の多い食品です。

衣類につく汗も気になるでしょうが、その前に汗を衣類につけないようにしたり、なるべく質のいい汗をかくようにするのがいい予防法といえるでしょう。

まとめ

体臭は周囲にも迷惑をかけますし、自分も嫌な気分になりますね。

衣類が汚れれば洗濯の手間にもなり、臭いがストレスとなって生活に悪影響を及ぼしかねません。

制汗剤を使用することもいい対策なのですが、香りで抑えるのも限界があります。

まずは汗を衣類につけない工夫、ワキガを防ぐことから始めてみましょう。

どうしても改善しない時は、病院へ行って診断を受けるのもいい方法です。

ぜひ、これまでご紹介した方法をお試しになってみてください。

スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA