白い服の黄ばみの落とし方は?重曹で取れる?全体的に黄ばんでいるときはどうしたらいい?

夏は明るい色の服装がさわやかな印象を与え、学生の制服も白いシャツが多くなります。

その反面、汗によるシミや黄ばみが薄い色のシャツには目立ってしまいますね。

時間が経つにつれこのシミは繊維の奥まで入り込むため、普通の洗濯では落ちなくなってしまいます。

こういった状況でも、部分的や全体についた黄ばみを取る方法をご紹介します。

スポンサーリンク



白い服の黄ばみの落とし方は?

白い服といっても、ワイシャツやブラウスだけではありません。

お気に入りの服、メインは白でも柄が入ったシルク素材ということもあるでしょう。

また浴衣などといった普通に洗濯できないようなものでも、汗をかけば黄色や黒ずんだシミができることは多いのです。

素材によってはシミ抜きができない場合もあるので、着用する前に洗濯表示等で確認することも大事です。

ほとんどの素材や柄に使用できて黄ばみ汚れを落とせるのは、「酸素系漂白剤」です。

漂白剤というと真っ白になる!というイメージがありますが、ここで注意しなければならないことは「塩素系漂白剤」を使用しないことです。

塩素系は、確かに強力な漂白力を持っていますが、その力ゆえに生地を傷めたり他の成分と混ざることで有毒ガスを発生することもあります。

酸素系漂白剤は主成分がやさしい弱アルカリ性ですが、黄ばみ成分の酸性に対し効果を発揮します。

洗濯表示に必ず従い、酸素系漂白剤を黄ばみの気になる箇所へ付けます。

粉末の方が漂白効果は高いので、頑固な黄ばみには液体より粉末がお勧めですよ。

ピンポイントに直接かけて少し置いてしみこませたら、普通に洗濯してみてください。

黄ばみが消えているはずです!

それでもまだ黄ばみが気になる場合は、汚れを浮かせるために熱めのお湯に衣類をつけてから漂白剤を塗ってみましょう。

スポンサーリンク



白い服の黄ばみは重曹で取れるの?

では、次に黄ばみを落とす意外なものをご紹介しましょう。

使うものは「重曹」と「酢」で、どちらも料理に使える食品です。

この二つで黄ばみを落とす洗剤を作ることができます!

①まず、落としたい黄ばみの衣類を40~50度のお湯に浸しておく。

②その間に、重曹3に対して酢2くらいの割合で合わせて混ぜ、ペースト状にする。

③ペーストができたら、衣類の気になる箇所に使い古しの歯ブラシを使って塗り、10分程放置後、いつものように洗濯機にかける。

これで黄ばみ汚れは浮き上がり、元の色を取り戻すでしょう!

もともと重曹は油を分解する成分が含まれているので、黄ばみのもとである皮脂汚れに効果があるのです。

どちらも食品ですので安心して使うこともでき、そして嬉しいことにこの二つには消臭効果もあるので汗臭さが抜けないシャツなどにはお勧めの洗浄法です。

臭いにもお悩みの方、一度お試しくださいね。

白い服の黄ばみが全体にある時は?

シャツの襟や脇の下だけでなく、全体が汚れている場合も落とし方にコツがあります。

使用するのはこれまでご紹介してきた「酸素系漂白剤」と「重曹」。

①ぬるま湯30~40度に酸素系漂白剤と重曹を溶かします。(1リットルのお湯に対し、大さじ1杯ずつが目安です)

②白い服を1時間ほどつけておきます。

③よくすすいでから、普通通り洗濯機を回します。

この3ステップでシャツにいつもの白さが戻るでしょう。

ただし、この組み合わせは漂白効果が高いので白い服にのみ使用しましょう。

色柄物には重曹を使用しないで、酸素系漂白剤のみで大丈夫です。

それでもやはり黄ばみが気になる場合は、かなり繊維の奥までしみこんでいると思われます。

自宅でできる方法にも限界があるので、シミ抜き店やクリーニング店にご相談してみるのもいいと思います。

一番の予防法は、汚れに困ってしまう前に日頃から黄ばみにならない努力をすることですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

黄ばみ汚れが一番目立つのが白い服です。

しかし、汗をかいたからといってすぐ洗濯できるわけではありませんね。

そんな中、身近なもので汚れを落とすことができる方法もいくつかあることが分かって、少しでも黄ばみを解消できるのは嬉しいことです。

これまでなかなか落とすまでいかなかった黄ばみ・黒ずみに試してみる価値があると思います。

スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA