洪水の被害にあわないような対策を家や車をどうするのがいい?保険とかも見直しが必要?

の国土は70%が山地の為、台風やゲリラ豪雨などで大雨が降ると河川が氾濫し洪水が起きて被害にあってしまう事があります。

洪水の被害に合わない為の対策や、家や車を守る為の保険はどのようにすればいいのかを調べて見ました!

スポンサーリンク



洪水の被害にあわない対策は?

洪水とは一般的に堤防の決壊や、河川の大量の水が堤防を越える事により起こる氾濫の事をいます。

雨の多い日本では、毎年大雨による河川の氾濫などによって個人の住宅や資産、公共施設などに損害を与え、人命を奪ってしまう水害が全国のどこかで起こっています。

自治体が提供する水害ハザードマップには、想定される最大規模の降雨や高潮による浸水範囲が記載されています。

他には避難所などの避難の確保を図る為に必要な事項が地図上に記載されていますので、事前に避難場所、避難経路を確認しておくと安全に避難する事が出来ます。

水害ハザードマップを見ておく事で、自宅や自宅周辺にどの程度の浸水の危険があるのかを知る事が出来いざという時に役に立ちます。

洪水が起きた際には、自宅などの屋内に滞在する時はできるだけ高い場所に移動するようにします。

外にいる場合もできるだけ高い場所に避難をして待機し、自宅が浸水している場合は危険ですので家の中には戻らないようにします。

避難勧告が発令された場合や、発令前でも危険が高まっていると判断したらためらわずに避難を始める事が大事です。

スポンサーリンク



洪水の対策で家はどうやって守る?

浸水対策には土嚢+板が一番で、板を浸水から防ぎたい場所に置き土嚢を端や隙間に置きます。

市販の止水板を購入した際は、補助金を出してくれる自治体もありますので事前に確認する事をおすすめします。

昨今では使用前には約110gの軽量でコンパクトな住宅に優しい最新型の土嚢があり、保管に困る事もなく便利です。

市町村によっては、土嚢を購入する際に助成金が出る所もありますので、事前に確認する事をおすすめします。

側溝は路面の水などを流す水路になり、雨水枡は雨水などを地面に浸透させる設備ですので、ゴミなどを取り除き流水の通り道を確保しておきます。

水害発生時に、水嚢をトイレの便器の中、浴室、浴槽、洗濯機の排水溝などの上に乗せて置く事で逆流浸水を防ぐ事が出来ます。

洪水の被害にあってしまった場合は、汚泥を真水で綺麗に洗い流し乾燥させた後は、感染症を防ぐ為に必ず消毒を行う事が大切です。
洪水で自宅が浸水した場合の保険は通常の火災保険になり、火災保険のプランが水害に対応しているかは保険会社によって異なりますので、保険会社に問い合わせ確認を行います。

洪水の被害にあった車は保険はつかえる?

自動車保険で車両保険に加入をしていれば、洪水、冠水の災害でも保障を受ける事が出来ます。

車両保険で保障されるケースは、集中豪雨で川が氾濫し車が流されしまった場合や運転中にゲリラ豪雨にあいガード下の冠水で車が水没した場合です。

他には台風や豪雨で土砂災害が発生し車が巻き込まれた場合や、台風や満潮で高波が発生し車が浸水した場合です。

洪水、冠水の被害で車が水没した時は、必ず保険会社へ事故報告し車両保険の対応を依頼します。

洪水、冠水に適応される車両保険の種類には、一般補償型とエコノミー(補償限定)型があり、一般補償型は補償範囲が広く自損事故でも車両保険を使う事が出来ます。

エコノミー型は車両同士の事故と自然災害のなどの補償を限定して、自損事故は補償対象外とした危険限定の車両保険です。

洪水によって車が押し流され相手の建物や車両にぶつかり破損させてしまった場合は、自然災害となり法律上の賠償責任が生じない為自動車保険からは補償されなくなります。

自動車保険の車両保険に加入している方は、どのタイプに加入しているか確認しておくと安心です。

まとめ

洪水はいつ起こるか予想が出来ませんので、日頃から対策を立てておくと安心です。

大事な家や車を守る為の保険を、一度見直しをしてみる事も必要かもしれませんね!

スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA