入試の時に雪が降ったら電車の方がいい?交通機関が遅れてセンター試験に遅刻したらどうなるの?

これからの人生を左右するともいえる「センター試験」。

経験した人にしかわからない、会場には独特の雰囲気と緊張感が漂っていると聞きました。

始めから順調にことが運ぶのは、意外とまれだと思います。

具合が悪くなった、忘れ物をした、などトラブルはあるものですね。

よくあるのが、交通機関の遅れです。

自家用車なら回避できそうですが、電車や路線バスが雪や事故などによって運休になって会場まで時間通りにつけないとしたら不安でいっぱいですね。

今回は、こういった入試の際に起こるかもしれないトラブルの対処法などについて経験談も交えてご紹介します。

スポンサーリンク



入試の時に雪がふったら電車の方がいい?

                   

センター試験の時期は、ちょうど大雪が降る確率が高い頃で電車やバスの臨時運休のニュースをよく耳にしますね。

都心部に大雪が降った時のニュース番組で、センター試験を控えた男性がインタビューに応えていました。

「試験当日に困らないよう、会場は自宅から電車で近いんですが、歩いて行ける場所にホテルをとりました」という回答に私は感心しました。

この男性のように準備万端な体制で臨めばいいのでしょうが、万が一、電車やバスを利用し大雪や何らかの事故等で試験に間に合いそうにない時は、とりあえず落ち着きましょう!

まずすべきことは、試験会場(受験票に連絡先が記載されています)に至急連絡を入れ、交通機関(主に電車)からは「遅延証明書」をもらいましょう。

これがあるのとないのとでは、全く大学側の対応が違います。

遅れた状況を正確に証明することで、大学によって違いはありますが試験に関する措置が取られます。

でもこれは、本来あってはならないことで防げるのがほとんど。

時間にも気持ちにも余裕を持ち、試験に向かうことが大切ですね。

スポンサーリンク



雪で交通機関が遅れたら?

道路状況や悪天候で、交通機関に遅れが出るのは冬になると多いですね。

雪の多い地方でも運行に支障をきたすのですから、都心部に雪が降ればもっと大変な状況になるでしょう。

そんな悪天候の中試験会場へ向かう時、どんな手段を使って行きますか?

自家用車やタクシーで行こうとすると、交通渋滞に巻き込まれる可能性が高く、その結果試験会場に遅れても、遅延証明書は発行する機関がないので単なる遅刻になります。

その遅刻にも正当な理由があって認められれば、追試験を受けることができますがこの追試験は本試験より少々難易度が上がっているので注意しましょう。

遅延証明書がある場合は、試験時間を繰り下げて本試験を受けることができます。

ただし試験開始から20分経過すると会場には入れず、試験を受けられないので、まずは連絡ですね。

もらわずに会場へ至急向かったとしても、一報を入れておけば何らかの措置をとってくれることがありますが、受験者である確認を取るための身分証明書が必要です。

センター試験の時に雪で遅刻したらいい?

 

雪の影響で遅刻してしまった場合、電車を使った時のみ証明が可能です。

降りた駅でその証明書を発行してもらうことができます。

バスやタクシーも道路を走る交通機関ですが、証明書はタクシーでは発行されません。

電車利用の遅延証明書のみを認めるところが多く、バスについてはあまり認める大学はないようですよ。

雪や悪天候での遅刻は、こういった証明書によって適切な措置がとられますが、ない場合は単なる遅刻扱いになるので試験は受けることができません。

遅刻にもいろいろ理由があるので、会場についたら担当者にすぐ申し出ることが大事です。

理由によっては特例措置が認められ追試ということもあります。

人生を左右するかもしれないセンター試験、後悔のないように受験したいものです。

ちょうどセンター試験がある季節が、雪の多い頃というだけでその点さえ気をつければ
いいのです。

条件は受験生であればみな同じということを忘れてはいけません。

同じ条件できちんと会場に来ている受験者がほとんどですので、いかにして雪による交通機関の遅れを避けるか、前もって考えるべきですね。

あとはこういった自然災害に対する大学側の対応を、前もって確認しておくことです。

まとめ

私は未経験ですが、長女が間もなくセンター試験を経験する予定です。

災害を想定して受験に臨むのも必要かも知れませんが、いかにその災害に対して自分が動くかという方が大事かもしれません。

証明書があるからといって、優遇されるということではないのです。

決して甘えることなく、本試験に挑むことが一番ですね。

スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA