子供が体調不良の時、仕事は休む?休みにくいときはどうする?途中で迎えに行けないときは?

子供は風邪を引いたり、熱を出したりと、体調不良になることがよくあります。
仕事をしているお母さんは子供のことも心配ですが、仕事のことも気になりますよね。
子供が体調不良のとき、仕事はどうすればよいのでしょうか。

スポンサーリンク



子供が体調不良の時は仕事を休む?

子供が体調不良になったときには、できることならば仕事は休んで傍についていてあげましょう。

体調不良になると、ささいなことでも不安になってしまいがちで、いつも以上に親に甘えたくなってしまうものです。

仕事をすることも大切ではありますが、子供の成長や心の安定は、日々の積み重ねによって育まれていくものです。

どうしても仕事を休むことができない時には、夫婦で休みを調整したり、場合によっては祖父母にお願いすることもあろうかと思います。

子供にとっては、信頼している、安心できる大人と一緒にいたいと考えるのは当然ですので、あまり面識のない人に預けられると安心もできないために、大きなストレスになりかねません。

病児保育を利用することもできはしますが、面識のない相手であればあまりお勧めはしませんので、もし利用する場合には短時間の利用にとどめましょう。

丸1日仕事を休むことが難しい場合には、半日休むなどして、できるだけ子供の傍にいて、おいしい食べ物をあげたり、本を読んだりと、仕事をしているときには十分にしてあげられないことをして、たっぷり甘えさせてあげてください。

スポンサーリンク



子供が熱を出したとき仕事を休みにくいけどどうすればいい?

もちろん、仕事の内容、状況によっては仕事を休みにくいことがあろうかと思います。

小さい子供がいること、突然熱を出したり、体調不良となった場合には、急遽休まざるを得ない可能性があることを、会社側に事前に伝えておくことは大切です。

また、急遽休んだとしても業務に大きな影響がでないような対策を、事前に整理しておくことが大切です。

普段から、仕事の進捗状況や課題認識等の情報共有を関係者間で行っておくことで、何かあったときに誰かが対応できる体制を築いておくことは、業務を円滑に遂行するためにも重要なことです。

仕事を休まざるを得ない時の理由は、子供の体調不良だけでなく、ご自身や他の家族の体調不良等の理由があるでしょう。

休みにくい理由はなにか、を考え、どうすれば業務へ大きな影響を出さずに休むことが可能か考えてみましょう。

それでも仕事を休むことができない時には、祖父母や親戚、友人の協力を仰ぎましょう。

協力を得るためには、日ごろからどのような関係を築いているかによって、頼みやすさは変わるかと思いますので、良い関係を築いておくことをお勧めします。

子供が熱をだしても迎えに行けない時はどうすればいい?

仕事の関係で、子供が熱をだしたときにすぐに迎えにいけないことがあるかと思います。

夫婦で協力して、迎えに行く時間を捻出したり、祖父母にお迎えをお願いすることができればよいですが、それも難しい場合には、なるべく早く迎えに行けるよう、仕事を調整しましょう。

仕事はチームプレーですので、まずは会社や上司に相談してみてください。

多くの場合、仕事を調整して早く迎えに行けるよう配慮してくれるかと思います。

それが難しいようなら、保護者の役割として、緊急時に子供のお迎えをお願いできる人を確保しておくべきです。

仕事も家庭も、子育てもバランスが大切です。

どこかに偏ってしまうと、どこかがおろそかになってしまいます。

自分にしかできない仕事、というのは実際のところ少なく、会社としては業務を維持するための体制、つまり誰かが休んでしまってもサポートができる体制を整備しておくものです。

会社の体制しかり、個々の業務における作業体制しかり、その時々の状況で、何を優先すべきかを判断して、それを実行できるような体制を積極的に作りましょう。

まとめ

子供が体調不良のときには、子供のことを思うと仕事は休んだほうがよいでしょう。

仕事に大きな影響がでないよう、日ごろから関係者間でコミュニケーションを図り、体制を整えておくことが大切です。

スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA