おせちの仕切りを100均や手作りで作ってオシャレにするには?仕切りがない場合の盛り付け方は?

手作りのおせちをきれいに重箱に詰めたい・・・と思っても、重箱は仕切りがないので、味が混ざらず、見た目もキレイに詰めるのはハードルが高いですね。

100均にあるものや手作りのもので、お正月らしい雰囲気で重箱に詰めることができるとしたら、チャレンジしてみたくはないですか?

今回、100均で簡単に手にいれるものや手作りのものを使って、おせちをおしゃれに盛り付ける方法をお伝えします。

スポンサーリンク



おせちの仕切りを100均のもので代用できる?

100均では、普段のお弁当用の仕切りが充実していますが、年末になるとお正月用の仕切りなども充実してきます。

アルミカップは、和柄のものが丸型、角形のさまざまなサイズがあります。

このアルミカップを使うと、味が混ざらず、黒豆やいくらなど小さなものもキレイに盛り付けることができます。

和柄だけではなく、色もお正月用に赤、黒、金の種類があるので、華やかな雰囲気になりますね。

重箱の中をきっちりと仕切るときに便利なのが、「料理用中子」です。

箱型になっているので、アルミカップよりしっかりと仕切ることができます。

ゆず型や竹筒型の小鉢もあります。

見栄えがよく、なますや数の子の仕切りに便利そうです。

バランも普段使いの笹用のものも長さが倍くらいのものや和柄のものがあります。

仕切りだけではなく、獅子舞、だるま、羽子板などの縁起物のピックもたくさんあります。

重箱の料理に添えるだけで、彩りがよくなり、簡単に華やかになります。

スポンサーリンク



おせちの仕切り を手作りできる?

おせちの手作りの仕切り・・と言われて思い浮かべるのは、笹の葉や葉らんですが、こんな本格的なものを手作りするのはハードルが高いですね。

でも、身近なものを利用して、手作りの仕切りで重箱をお正月っぽく華やかにすることができます。

・クッキングペーパーやワックスペーパー、天ぷらの敷き紙などで箱を折ります。

・みかんや柚子を半分に切って、中身をくり抜いた皮を使います。

・紙コップや牛乳パックを重箱の高さに合わせて切り、金色のアルミホイルで巻きます。

・肉や魚がのっている黒色の発泡トレーを重箱のサイズに合わせて切ります。

他に庭にある南天の実やキレイな葉があれば、飾り付けに使ってみて下さい。

グッとお正月感がアップします。

おせちの詰め方で仕切りがない時はどうすればいい?

おせちの仕切りは100均のものを利用したり、手作りしたりといろん工夫ができますが、詰め方にバリエーションを持たせることで、おせちが華やかになります。

重箱の詰め方には、
・田の字型   「田」の字のように十字に仕切る方法
・手綱型    ななめに仕切る方法
・段取り    重箱に沿って、平行に仕切る方法
・市松型    田の字型を小さくした縦3、横3の格子状に仕切る方法
・扇型     扇のように曲線で仕切る方法
・末広型    中央を円の形にし、その周囲を4つに仕切る方法

仕切りがなくても、このように仕切るとお正月らしさがアップします。

重箱がなかったり、少量ずつ盛り付けたかったりする場合は、白いプレートを使う方法もあります。

大皿の上に小鉢をのせる方法もあります。

半月盆に一口ずつのせると、まるで料亭での食事のような雰囲気になります。

おせちだから、重箱に詰めなければならない・・という決まりはありません。

お正月なので、縁起物の食材を華やかな雰囲気で盛り付けることが大切ですね。

まとめ

ちょっとした100均のお正月アイテムを添えると、おしゃれでおせちの華やかさが増します。

お祝いの料理のおせちは、見た目の華やかさも大切です。

仕切りや盛り付けを工夫して、我が家ならではのおせちを仕上げてみて下さい。

スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA