おせちの詰め方で二段の場合、一の重、二の重に入れるものとその意味は?

おせちは、二段のもの、三段のものなどさまざまです。

でも、おめでたいものなので、何か言われがあるはずですね。

重箱に詰めるものにも、決まりがあるはずです。

そうは言っても、重箱の数にはどんな意味があるのか、詰め方はどうすればいいのかなんてことは今さらながら人には聞きにくいものです。

二段重でのおせちの詰め方、その意味などについて、知っておくと便利な豆知識をお伝えします。

スポンサーリンク



おせちの詰め方で二段の場合は何を入れる?

おせち料理は、日本の伝統のお正月に食べる料理として、ずっと昔から伝わっているものです。

中国から節句が伝わり、季節の変わり目に神様に感謝するための料理として、奈良時代に作られたのが始まりと言われています。

おせち料理は、五段の重箱に詰めるのが、正式なものと言われています。

しかし、核家族化が進み、お正月の過ごし方にも大きな変化があり、家族全員でおせち料理を楽しむ、食べることが少なくなってきています。

そのため、最近では五段の重箱のものをコンパクトにした、二段の重箱のおせちが多くなってきてきます。

五段の重箱に入れる正式なおせちでは、1番下の5段目には何も入れないのが一般的です。

それは、5段目を空にし、おせち料理を未完成にすることで、今後の発展を願ったり、将来もっとたくさんのごちそうを用意できるようにと縁起を担いだからなのです。

その意味をくみ取り、二段の重箱でおせち料理を用意するなら、五段の重箱に詰めるおせちのうち、一の重と二の重を1段目に、参の重と与の重を2段目にまとめて詰めます。

二段の重箱におせちを詰めるときは、隙間を空けないようにするのがポイントです。

しかし、詰め過ぎておせち料理をつぶさないようにするのも大切です、

それぞれのおせちの水分が流れて味がぐちゃぐちゃにならないよう、水分が多かったり、
香りの強いものは仕切りや小さな器を活用して、味が移ってしまうのを防ぎましょう。

また、新年の門出のお祝いの料理なので、色合いにもこだわって重箱に詰めたいものです。

スポンサーリンク



おせちの一の重に入れるものは?

一の重に入れるものは、お屠蘇を飲むときの祝い肴、甘いものが中心の口取り、酢のものです

具体的には、
田作り    豊作を願う
数の子    卵がたくさんあることから、子孫繁栄を願う
黒豆     真面目に働き、健康で暮らせるように、魔よけ
伊達巻    華やかな暮らしができるように、学問がうまくいくように
栗きんとん  富を得られるように
昆布巻    こんぶ=よろこぶのご語呂合わせの縁起物
紅白かまぼこ 新しい門出、魔よけと清浄
紅白なます  縁起物の紅白の水引に見立てている
たたきごぼう ごぼうはまっすぐ根を張ることから、家の基礎・基盤がしっかりしている
酢だこ    たこ=多幸の意味
となっています。

おせちの二の重に入れるものは?

二の重にいれるものは、煮物と焼き物です。

具体的には、
ブリ      出世魚なので、出世を願う
エビ      腰が曲がるほどの長寿を願う
タイ      めでたい=タイとの語呂合わせ
れんこん    先のことまで見通せるように
里芋      小芋がたくさんできるので、子宝に恵まれるように
くわい     芽が出るので、出世できるように
手綱こんにゃく 手綱を引き締める、縁を結ぶ
となっています。

まとめ

おせち料理は、お正月に食べる料理として、日本の伝統として伝わっています。

弥生時代のころから、自然や神様への感謝の気持ちを込めて料理を作るようになったのが始まりと言われています。

そのおせち料理は、今では「お正月に食べるお祝い料理」となっていますが、神様への感謝や願いが込められているものなのです。

そんな意味を考えながら、おせち料理を作り、家族で食べたいものですね。

スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA