クリスマスのデートの時のメイクや服装はどんな感じにすればいい?30代女性の場合は?

普段のデートでも、女性ならきちんとしたメイクをするでしょう。

やはり彼の前では、少しでも美しい自分を見て欲しいという、女性ならではの思いからくる行動です。

それが年に一度のクリスマスとなればどうでしょう。

街には着飾った女性が多くなり、いつもとは違った日になります。

そんな時のメイクや服装はどんなものがいいか、ここでは紹介していきましょう。

スポンサーリンク



クリスマスのデートのメイクは?

クリスマス時期は、室内も外の通りもきらびやかな装飾になります。

特に夜になれば、外はまるでイルミネーションのような華やかなライトや飾りで木や建物がキラキラ光ります。

そんな時は、いつものメイクではちょっと物足りないかもしれません。

周りの華やかさに負けないような、でもナチュラルメイクが好ましいです。

やはり自分の顔に合った自然な仕上がりのメイクは、夜のライトに照らされても負けないくらいきれいです。

ポイントは下地の色。

いつのも下地と同じものを使ってもいいのですが、寒いこのシーズンは顔も赤くなりがちです。

そんなときに活躍するのが、ブルー系のベースです。

ブルーの下地にすることで、肌にさらに透明感を出し寒さやアルコールで赤くなりがちな頬や鼻などをさりげなくカバーできます。

そしてファンデーションはしっかりつくリキッドタイプを使い、むらなく肌を統一するといいでしょう。

リップは当然、クリスマスカラーのレッド系がお勧めですが、使ったことのない場合は自分の使用色にリップグロスを重ねましょう。

プルンとした印象に仕上がり、光に反射して口元が強調されます。

仕上げにフェイスパウダーを顔にのせれば、ナチュラルだけど周りの明かりにも負けないメイクの完成です!

スポンサーリンク



クリスマスのデートの時の服装は?

街中がクリスマスムードに湧く季節。

デートの予定があるときは、朝からそわそわしませんか?

どんな服装にしていこうか、彼の好みに合うかどうか・・・何着もお気に入りの服を引っ張り出して選ぶよりもテーマに合った服装を心がければ大丈夫です。

黒やグレー系でまとめたいなら、バッグやストールなどの小物でアクセントをつけましょう。

どこかにクリスマスカラーの赤や緑やゴールドを入れるのがポイントです。

服装にクリスマスカラーを入れるときは足元を黒系で統一すると全体的に引き締まった印象に。

男性にとっては、露出が多いよりも少し控えめな方が女性のかわいらしさを感じるといいます。

例えば、オフショルダーニットは肩は出ますがそこから下は隠れるので人気のスタイル。

ボトムでいえば、ミニスカートよりはひざ丈のスカートが男性の心を掴みやすいのです。

コートを脱いだ時の服装で、その日の彼のハートを掴んでしまいましょう

クリスマスのデートの時の服で30代の女性はどんな格好がいい?

                    

30代の女性といえば、主婦層もいればキャリアウーマンもいる中間層です。

主婦は普段の服装が多いので、旦那様とのデートといってもそんなに気合が入らないだろうし、逆に気合が入りすぎて浮いてしまいがちです。

せっかくのクリスマスデートですから、30代のどのジャンルの女性にも自分の魅力を最大限に引き出してほしいですね。

30代ともなれば「気遣い」ができる年齢ですので、相手の服装も考慮しましょう。

男性が仕事帰りなら、スーツに合わせて一緒に歩いても釣り合うような服装でなければ男性にも失礼です。

カジュアルな服装同士ならコーディネートもしやすいですね。

また、これか行く場所が分かっていればその場所に合わせた服装を選び、少し遊び心を入れてみるのもいいと思います。

30代なら綺麗目のフェミニンファッションがお勧めです。

ラインのきれいなワンピースやワイドパンツは大人の女性を引き立たせるアイテム。

小物も上手に取り入れて、普段のマフラーをファーに変えてみるのもおしゃれです。

アクセサリーも大人の上品さを取り入れて、クリスマスに合うゴールドで統一してもいいですし、服装によってはパールも映えます!

普段の服装からイメージチェンジして、思いきり冒険してみるのもパートナーにとっては刺激になって見る目も変わるでしょう。

まとめ

30代の女性らしい、ファッションがきっと見つかることでしょう。

クリスマスのイルミネーションに劣らない、輝くようなスタイルは自分をよく知っていれば必ず生まれます。

クリスマスカラーを上手に取り入れて、普段はあまりしないメイクやファッションに挑戦して、旦那さんや彼を驚かせてみましょう!

きっと素敵なクリスマスになりますよ。

スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA