新年の挨拶のビジネスメールの件名や文例はコレで差を付けよう!

正月休み明け初日の仕事は、挨拶回りで1日が終わってしまう方も多いほど、新年の挨拶が重要となってきますよね^^

メールで挨拶をする方も多いかと存じますが、どのように書けばいいのでしょうか?

何かマナーはあるのでしょうか?

ご紹介してまいりましょう!

スポンサーリンク



新年の挨拶のビジネスメールはどのように書けばいい?

正月休み明け一発目の仕事は、新年の挨拶回りですよね。

社内・社外どちらに対しても新年の挨拶は大切です。

なるべく直接言いたいところですが、遠方の取引先や社内でも会うことができなかったりと、直接言える機会が必ずあるわけではありませんよね。

そういったときに使えるのがメールです。

では、メールを使って新年の挨拶をする際、どのように書けばいいのでしょうか?

まず、正月休み明けで新年の挨拶をするのは、松の内である1月7日までにしましょう。

地域によっては、15日のところもありますが、できるだけ早めに送信すればいいと思います。

次に、メール内容ですが、短文でも大丈夫なので簡潔に書きましょう。

送り先の社内の上司や取引先の方が面倒に思わないよう気配りをしましょう。

例えば、返信不要である旨を書き添えるとより丁寧に伝わるので良いと思います。

もし、取引先への依頼事があるときは、新年の挨拶とともに依頼事も書くと良いですよ。

最後に、誤字脱字のチェックを怠らないようにし、一斉送信しないように気を付けましょう^^

スポンサーリンク



新年の挨拶のビジネスメールの件名はなんて入れればいい?

新年の挨拶メールで内容も気になるところですが、もう一つ疑問なのが件名ではないでしょうか。

どんな件名を書けばいいのでしょうか?

メールの件名には、「年始のご挨拶」「新年のご挨拶」「年頭のご挨拶」など、新年の挨拶であることがわかるように書きましょう。

依頼事も書く際は、「新年のご挨拶とお願い」というような、依頼事もあることがわかるように書くとGoodです。

また、新年の挨拶メールは多いことも考えられるため、自分の会社名と名前を書き添えるとさらに良いですよ^^

例えば、「新年のご挨拶/㈱●●・(苗字)」などの件名がベストですね♪

新年の挨拶のメールでビジネスに使える例文は?

それでは最後に、新年の挨拶メールの例文をご紹介したいと思います^^

皆さんの参考になれば幸いです♪

【例文1:上司に対して】

「謹んで新年のお慶びを申し上げます。

旧年中は毎日温かいご指導を賜りありがとうございました。

特に、昨年の●●プロジェクトに関しては、(上司の名前)さんがいてこその成功で、私もそれに続くべく努力していこうと考えています。

(上司の名前)さんの的確なご指摘や機転の利くご対応を学び吸収し頑張っていきます。

今年も引き続きご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

平成**年 元旦」

社内向けで、特に上司に対する挨拶メールは、昨年お世話になったエピソードを交えて書いたり、自分の今年の抱負を書いたりすることをおすすめいたします。

また、「あけましておめでとうございます」といったような挨拶より、「謹賀新年」などといったフォーマルな挨拶の方がいいと思いますよ。

【例文2:取引先に対して】

「謹んで新春の祝詞を申し上げます。

旧年中は格別のお引立てを賜り厚く御礼申し上げます。

本年も(取引先会社、もしくは担当者の名前)様のご要望にお応えし、皆様に満足していただけるよう努力していく所存でございますので、より一層ご指導ご鞭撻をいただけますと幸甚です。

寒い日が続きますがご自愛くださいませ。

本年もよろしくお願いいたします。

平成**年 元旦」

もし、合わせて依頼事をする場合はその詳細を記載したり、年末年始休暇がありご迷惑をおかけしたことを一言添える場合は記載してもOKですよ♪

昨年ご契約いただいたことのお礼も書き添えるとより丁寧で良いメールになりますね^^

まとめ

新年の挨拶メールについてご紹介してまいりました。

新年一発目の仕事は挨拶で終わってしまったこともよくありがちなので、年末から時間を見つけて定型文を作っておくのもいいかもしれませんね^^

皆さんが気持ちよく新年を迎えられるよう、マナーを守って礼儀正しい挨拶ができるといいですね。

スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA