新年会の欠席のメールの例文は?書き方のコツはあるの?

年末年始は忘年会や新年会などで飲み会が多くなりますよね。

しかし・・・今年も新年会のお知らせが届いたけど、事前に予定が入っていたり、直前に急用が入ってしまったりと、欠席せざるを得ない方もたくさんいらっしゃるかと思います><

そこで今回は、新年会を欠席する際のメールについてお話してまいりたいと思います。

皆さんの参考になれば幸いです^^

スポンサーリンク



新年会の欠席のメールはどうやって書けばいい?

新年会開催が決まり楽しみにしていましたが、前から新年会当日に予定が組み込まれていたり急遽体調不良で行けなかったりと、欠席せざるを得ない方もいますよね。

本来ならば、直接新年会を断らなければなりませんが、幹事さんに会えないときもあります。

そういったときはメールで連絡する場合もありますよね。

新年会の欠席メールはどのように送ればいいのでしょうか?

メールを送る際の気を付けたいポイントをご紹介していきたいと思います!^^

まず、欠席することがわかった場合、なるべく早くお伝えしましょう!

幹事さんは参加人数を知った上でお店の手配を行います。

お店だけ抑えておいて、新年会当日までに変更を伝えることもできるので、自分の欠席がわかった時点で早めに幹事さんに伝えた方がいいと言えますね。

そして、一番重要と言えるのが、欠席する理由です。

理由を伝えず「欠席します」のみメールで送ると、付き合いが悪いとも思われてしまう可能性がありますので、幹事さんや参加される皆さんが納得できる理由をきちんとお伝えするべきだと言えます。

理由は人それぞれだと思いますが、きちんと誠意をもって伝えてくださいね。

スポンサーリンク



新年会の欠席の例文はコレ!

それでは早速欠席メールの例文をご紹介してまいりましょう!

【ケース1:すでに予定が入っている場合】

(幹事の方の名前)様

お疲れ様です、(自分の名前)です。

この度は新年会にお誘いくださりありがとうございます。

是非参加したいのですが、残念ながら新年会当日は資格試験の予定があり、出席することができません。

また飲み会等行事がありましたら参加したいので、是非ともお声かけください。

今回は本当に申し訳ありませんが、当日楽しんできてくださいね!

【ケース2:体調不良の場合】

(幹事の方の名前)様

(自分の名前)です。

出席すると申しておりました新年会の件ですが、このところの寒さで体調を崩してしまい、本日も熱が出ているため、急遽で申し訳ありませんが欠席させていただきたく存じます。

会費につきまして、支払いの必要があるかと存じますので、後日金額等教えていただければ幸いです。

本日は本当に申し訳ありません。

よろしくお願いいたします。

以上、2つのケースについてご紹介しましたが、最近では「面倒くさくて参加したくない・・・」という本音である方もいらっしゃるかと思います^^;

その場合は、とにかく皆さんに納得いただける理由を付けてお断りの連絡を必ずいれましょう。

体調不良が無難なのかなとは思いますが、きちんと連絡をしましょう。

また、ケース2のように、会費が必要であれば支払うといった心遣いを書くと丁寧でいいと思います。

是非参考になさってください!

新年会を欠席するときの書き方のコツは?

新年会の欠席メールのコツについては、先述しましたが、幹事の方や参加する皆さんに納得いただける理由をきちんと記載しておくことです。

理由も何もなしに「欠席します」だけだと不愛想で、これから職場でのお付き合いもおろそかになり、仕事も円滑にいかなかったりする可能性もあります。

そういったことだけで仕事ができなくなるわけではないと思いますが、新年会の欠席に関しても最低限のマナーは必要だと思います。

さらに、新年会に誘っていただいたことへの感謝の気持ちもお伝えすると丁寧でいい印象のメールになりますよ。

欠席メールのコツとしては、新年会のお誘いへの感謝、そして納得できる理由を書くことです。

また、新年会後日に幹事の方に職場でお会いしたときに、「あのときは欠席してすみませんでした」など一言お伝えするのもいいと思いますよ。

まとめ

新年会の欠席メールについてお話しましたが、いかがでしたでしょうか^^

忘年会に引き続き短い期間での飲み会だと思います。

さらに、正月明けでまだ体が追い付いていない方もいらっしゃるでしょう。

参加される方は飲みすぎて羽目を外しすぎずに、そして欠席される方はきちんと理由をお伝えして欠席されますように、気を付けてくださいね(*^▽^*)

スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA