tシャツの脇の黄ばみは制汗剤が原因?それともわきがだから?きれいな落とし方は?


「今日は、お気に入りのTシャツを着よう!」と思っていたら、脇に黄ばみが・・。

経験のある人は多いと思います。

この記事では、黄ばみの原因と対処法について詳しく説明していきます。

スポンサーリンク



tシャツの脇の黄ばみは制汗剤が原因なの?

脇には、常在菌という多くの人に共通してみられ病原性を示さない菌が存在しています。

常在菌は、汗を栄養として食事する事によって汗臭い嫌な臭いを発生させます。

その常在菌と汗に制汗剤の化学成分が反応して、黄ばみが発生してしまうとされています。

脇の常在菌は数え切れない程の種類が存在するので、人によって脇の状態は全く異なってきます。

なので、「この制汗剤は黄ばむ!」とも「この制汗剤は黄ばまない!」とも言えません。

こればっかりは、実際に使ってみて確認するしかありません。

ただ、スティック・スプレー・クリームなど制汗剤の様々なタイプの中で、スティックとスプレーが黄ばみやすいという人は居ます。

また、無添加クリームタイプの制汗剤は黄ばみにくいそうです。

これは、主な原料が自然派由来の成分で化学成分が入っていないからだと言われています。

ただ、無添加クリームタイプは制臭効果に重きを置いている商品が多いので、制汗効果が低いという弱点があります。

スポンサーリンク



tシャツの脇の黄ばみはわきがだから?

Tシャツの脇の黄ばみは、ワキガが原因だと思っている人は多いと思います。

確かにワキガは、Tシャツの脇が黄ばんでしまう一番の原因であると言えるでしょう。

ワキガになっている人は、アポクリン汗腺というワキガの元になる汗を掻く腺組織が脇に多く存在します。

そのアポクリン汗腺から出る汗は黄ばみの原因になるリポフスチンという色素を含んでいるので、服が黄ばんでしまうのです。

因みに、ワキガは医学的には腋臭症と呼ばれています。

何をもってワキガとするか国際的に定められた診断基準は存在しないので、治療をするかどうかを決めるには『本人が臭いを気にしているか』というのが重要な要素になります。

また、客観的に臭いをどう思われているかも重要な要素です。

主な治療方法は、制汗剤・外用薬・内服薬・手術です。

臭いの程度によって、治療方法は異なります。

臭いの程度が軽ければ、制汗剤の使用から開始する事が多いです。

具体的な手術の方法としては、皮膚切除術・皮弁法・小切開法といったものがあります。

tシャツの脇の黄ばみの落とし方は?

最後に、黄ばみを落とす洗い方について説明していきます。

●準備する物

台所用洗剤/過炭酸ナトリウム/盥や洗面器

過炭酸ナトリウムは、衣服・まな板・浴室などの消臭・除菌・漂白に使う物です。

●洗い方

①黄ばんでいる箇所に、台所用洗剤を塗り広げる。

歯ブラシを使うと上手く塗り広げられます。

②盥・洗面器などに張った40~50度程度のお湯に、過炭酸ナトリウム(20g程度)を溶かす。

40~50度程度のお湯が、過炭酸ナトリウムの効果を1番引き出してくれます。

③Tシャツを浸ける。

30分から1時間程度で状態を確認して、問題ない場合は一晩そのまま浸けましょう。

サランラップやビニール袋などで蓋をすると保温効果が高まるので、おすすめです。

④洗い流してから乾かす。

この方法は効果的ですが、色落ちするかもしれないので色物には適していません。

色物の場合は、色物OKの漂白剤を使用しましょう。

塩素系漂白剤より酸素系漂白剤の方が色落ちする可能性が低いと言われているので、そちらを使用しましょう。

5分を目安に浸け置き洗いをしましょう。

浸けっぱなしのまま長時間放置するのは、色落ちする可能性があるので止めましょう。

まとめ

如何でしたか?

お気に入りのTシャツを長く着る為にも、手入れは怠らないでくださいね。

スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA