出張のワイシャツの収納でしわにならないようにするたたみ方は?

会社員の方にとってワイシャツは必需品で、出張の際には数枚持っていきますのでしわにならないよう注意が必要です。

出張にワイシャツを持って行く際にしわにならないようにするたたみ方や、しわを防ぐ方法を調べて見ました!

スポンサーリンク



出張のワイシャツの収納はどうすればいい?

ワイシャツがしわにならないようバックに収納するには、書類ケースを使う方法があります。

書類ケースは薄くて硬く軽いので他の荷物と一緒に入れても型崩れする事がなく、中身が見えるので取り出す時にも便利です。

ネクタイやハンカチなどの小物を、他の荷物に紛れる事無く収納する事も出来ます。

通常のバックやスーツケースではワイシャツの上に物があるとしわの原因になりますので、ワイシャツは他の荷物を詰めた後に入れるようにします。

揺れ動くと型崩れしやすくなりますので、他の衣類などで挟み真ん中に置いて襟はつぶれないように靴下や下着などでガードします。

会社員の方が出張をする時に適した、ワイシャツを持ち歩く時に便利なワイシャツ専用のバックがあります。

ガーメントバックはスーツを持ち運ぶための物ですが、内側のポケットにシャツや旅行グッズなどを詰め込む事が出来ます。

ガーメントバックには、バックタイプ以外にもリュックやショルーダーなど様々な種類があります。

マジックテープや板で固定するワイシャツケースなどもあり、用途にあった物を選んで使用する事でワイシャツのしわを防ぐ事が出来ます。

スポンサーリンク



出張のシャツがシワにならないようにするには?

スーツケースに入れる際に厚紙やダンボールをワイシャツに挟む事で、他の荷物に押し潰された時にしわがつきにくくなります。

首回りや襟の型崩れを防ぐ為には、ワイシャツを購入した際に付いているネックサポータをワイシャツの襟に入れます。

他には襟の部分にベルトを巻いたり、靴下、ネクタイを挟む事で型崩れを防ぐ事が出来ます。

ワイシャツの型崩れを気にする事無く収納出来る道具にネクタイ、シャツケースがあり、2,000円程度で購入する事が出来ますので出張の多い方にはおすすめです。

ワイシャツは1〜2枚収納する事が出来、サイズにはB4サイズのコンパクトなタイプもありますのでスーツケースなどに入れても場所をとらず便利です。

出張をする際はしわになりにくい素材のワイシャツを選ぶ事で、しわの心配をする事がなくなります。

ポリエステル素材のワイシャツは、しわになりにくく軽くて丈夫で乾きやすく縮みにくい為出張の時におすすめです。

ナイロン素材のワイシャツは、シルクに似ていて肌触りが良く弾力性がありしわになりにくく洗濯後も短時間で乾きますので出張の時に適しています。

出張の時のシャツのたたみ方は?

基本的なワイシャツのたたみ方では、全てのボタンをとめるか面倒な時には第1と第3ボタンをとめてワイシャツを裏返しにします。

肩幅の中心で折り返し袖の付け根から縦に平行になるように袖を折り、袖がワイシャツの真ん中で折り重なった状態にします。

ワイシャツの両端と中心軸が平行になっている事を確認しながら、丁寧にしわを伸ばしていきます。

裾と袖口を内側に折って下のラインを整え、袖口は生地が分厚くなっていますので途中で折らないよう注意しながら、第4ボタンを目安にしてワイシャツを二つ折りにします。

最後に表向きに返して、裾がしっかり肩のラインにおさまっていればたたみ方の完成です。

他のたたみ方では、購入時の型崩れ防止の台紙やA4サイズのクリアファイル、下敷きなどを利用し購入時と同じようにたたみます。

形状記憶シャツや形態安定シャツはしわが寄りにくく加工されていますので、綺麗にたたむ自信がない人におすすめです。

洗濯後も比較的しわの寄りにくい状態をキープしてくれますので、アイロンをかける手間が省く事が出来ます。

クリーニングを利用している人は、クリーニングが終わった状態のまま持って行く方法もあります。

まとめ

出張する際は、ワイシャツ専用のバックやネクタイ、シャツケースが便利です。

しわになりにくい素材のワイシャツなどを上手に利用し、気分の良い出張になればいいですね!

スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA