水筒に炭酸を入れたらどうなる?開かなくなる?開かない時の対処の仕方は?

学校や会社での水分補給のために、レジャーのときに・・と水筒は活躍します。

いつでも好きなときに、自分の好みの飲み物を飲むことができるので、水筒は便利なものです。

ところが、いくら好みの飲み物だからといって、水筒に炭酸飲料を入れて持ち運ぶことは危険なことなのです。

水筒に貼られている注意書きにも入れてはいけないものとして「炭酸飲料」と書かれています。

水筒に炭酸飲料を入れてはいけないのには、いったいどんな理由があるのでしょうか?

スポンサーリンク



水筒に炭酸を入れても大丈夫?

水筒に炭酸飲料を入れるのは、危険です。

なぜなら、

・炭酸によって、水筒内に圧力が上がってしまい、蓋が開かなくなる

・蓋が開いても、中の飲料が吹きこぼれる

・爆発の危険性がある

から、危険なのです。

簡単にいうと、いたずらで缶ビールや炭酸ジュースの缶を思いっきり振って開けるのと同じ状態が起きてしまうのです。

でも、水筒より柔らかい素材のペットボトルに炭酸飲料が入っているのに、頑丈そうな水筒ではダメなのでしょうか?

ペットボトルは柔らかい素材だから大丈夫なのです。

ペットボトルの中の圧力が高まっても、ペットボトル自体が伸びるので、高まった圧力に耐えることができます。

でも、水筒は丈夫であるからこそ、その圧力の逃げ場がなく、最悪の場合爆発の危険があるのです。

だから、水筒に炭酸飲料を入れては危険なのです。

スポンサーリンク



水筒に炭酸を入れたら開かないの?

そもそも炭酸飲料は、冷やすことで液体に溶け込み炭酸ガスの量を増やしています。

保冷効果が高いステンレスボトルの水筒であったとしても、時間がたてば水筒の中の飲み物の温度は上がっていきます。

そうなると、液体(飲み物)に溶けていた炭酸ガスの量は減っていき、水筒の中は炭酸ガスでパンパンになってしまうのです。

そのため、水筒の中の圧力が高くなり、水筒の蓋が開かない、ボタン式のものだとボタンが押せない状態になってしまうのです。

水筒の蓋が開かないだけならまだいいほうです。

炭酸ガスにより、水筒の中の圧力が高まり、最悪の場合は水筒の蓋がふっとんでしまう「爆発」といった事故にもなってしまいます。

バックの中でこの爆発が起こってしまうと、バックの中が炭酸飲料まみれになるだけではなく、周囲にも炭酸飲料が飛び散ってしまうことになってしまいます。

水筒のふたが開かない時の対処の仕方は?

炭酸飲料は、温度が上がると炭酸が飲み物の中から出てしまいます。

そのため、水筒の中の圧力が上がってしまい、蓋が開かなくなってしまいます。

「開かないから」とやみくもに力を入れて開けようとしたり、蓋を開ける器具などを使おうとしても難しいです。

落ち着いて、炭酸の性質を考えると簡単なことです。

温度が上がると炭酸が飲み物の中から出てしまうので、水筒ごと冷やして温度を下げればいいのです。

水筒ごと、氷水につける、冷蔵庫に入れるなどの方法で水筒の中の温度を下げます。

しばらくしてから、開けると簡単に蓋が開きます。

ただし、急いで開けたいからと、水筒を冷凍庫に入れるのはダメです。

飲み物が凍ると、膨張して体積を増やしてしまうので、さらに蓋が開かなくなってしまいます。

まとめ

ときには炭酸飲料を持って、出かけたいこともありますね。

でも、炭酸飲料を水筒に入れて持ち歩くことは危険です。

蓋が開かなくなるだけでなく、時には中から吹きこぼれたり、爆発してしまったりする危険があります。

だたし、炭酸飲料OKの水筒もありますので、炭酸飲料を持ち運びたい場合はそのようなタイプのものを使えば大丈夫です。

好きな飲み物を持ち運べる水筒ですが、中に入れる飲み物には注意したいものです。

スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA