水筒の蓋が汚いしカビが生えたけど蓋だけ交換ってできるの?

エコのために職場にマイボトルを持参さえる方も増えていますね。

お子さんたちも水分補給のために、幼稚園や学校に水筒を持っていくことも多いと思います。

そんな毎日のように使っている水筒ですが、キレイに洗っているつもりでも意外に汚れが残っていたりします。

特に見落としがちなのが、蓋やそのパッキンです。

うっかりすると黒いカビが生えていたりすることもあります。

水筒の蓋をキレイに洗う方法はないの?

カビが生えてしまったらどうすればいいの?

蓋だけって交換できる?

そんな水筒の洗い方の疑問を解消していきます。

スポンサーリンク



水筒の蓋が汚いけどどうしたらいい?

水筒の蓋には、パッキンなどの部品もありますね。

「お茶だけしか入れていないから、そんな汚れてないよね」と思い、水洗いだけですませたり、スポンジでさっと洗うだけだったりすることも少なくないと思います。

蓋は茶渋やコーヒーやジュースなどの臭いがついていて、意外と汚れやすい部分なのです。

直接口にするものなので、キレイにしておきたいですね。

蓋はスポンジで洗うより、タッパーやジップロックなどの食品保存容器を使うといいです。

蓋の洗い方は

①タッパーやジップロックなどの食品保存容器に水を入れ、その中に食器用洗剤を少し入れます。

②①の中に水筒の蓋やパッキンを外した状態で入れます。

③10~15回ほど容器ごとよく振ります。

④洗剤分をよく洗い流します。

⑤風通しによい場所に置き、自然乾燥させます。

これで汚れはキレイになります。

毎回このように洗うのは、ちょっと面倒だったりします。

使用頻度に合わせて3日に1回くらいはこの方法で洗うといいです。

スポンサーリンク



水筒の蓋にはえたカビはどうやったら取れる?

ハイターでのつけ置きが一番効果的ではありますが、パッキンを傷めてしまうことがあります。

また、ハイターの臭いが気になる方もいらっしゃいますね。

そんなときには、重曹と酢を使った方法が便利です。

①50℃くらいのお湯500mlに重曹と酢をそれぞれ大さじ1杯ずつ入れます。

②その中にパッキンなどを2~3時間浸けておきます。

③汚れのひどい部分は、ブラシなどでこすり落とします。

④あとは、きれいに洗い流すだけです。

この方法だとハイターにように洗った後の臭いが気になりません。

それでも落ちないカビは、酸素系漂白剤を使います。
①40℃くらいのお湯500mlに小さじ1杯の酸素系漂白剤を入れます。

②その中にパッキンを入れ、1~2時間浸けておきます。

③汚れのひどい部分は、ブラシなどでこすり落とします。

④あとは、きれいに洗い流すだけです。

この方法だとかなりひどい汚れを落とすことができます。

キレイにした後、大切なことがあります。

それは、しっかりと乾燥させることです。

乾燥していないのに、パッキンをはめるとまたカビの原因になってしまいます。

しっかりと乾燥させることを忘れないで下さい。

水筒の蓋だけ交換ってできるの?

水筒の売り場で、交換用のパッキンや蓋などあまり見たことはないと思います。

交換用のものなんて、売っていないと思い込んでいませんか?

実は水筒の取り外せる部分は買い替えが可能です。

通常お店に置いてあることはまずないので、メーカーに直接問い合わせるのが一番です。

水筒の説明書か水筒本体の底か側面に品番が書いてあります。

メーカーに品番と欲しい部品を伝えればいいです。

もしくは、購入した店舗や同じメーカーの商品を取り扱っている店舗に取り寄せを頼むこともできます。

メーカーに直接連絡したほうが早く届きますが、代金の他に送料・振込手数料にがかかります。

店舗に依頼すると、送料・振込手数料はかかりませんが、少し時間がかかる場合があります。

まとめ

毎日のように使う水筒なので、キレイにしておきたいものです。

でも、ちょっとしたことで汚れがたまったり、カビが生えたりしてしまいます。

普段のお手入れの工夫で汚れもカビも予防することができます。

ちょっとお手間かもしれませんが、使用後にはキレイに洗って乾かす・・これが汚れやカビ予防の近道です。

スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA