赤ちゃんと旅行に行ったときのマグやストローの洗い方は?消毒も旅先でできるの?


赤ちゃんの水分補給に便利なマグは、普段のお出かけでよく持ち歩くお母さんもいるかと思います。

ですが、いざ旅行となったときに、普段どおりの洗浄や消毒ができなくなることから、どうしたらよいか、考えてしまう人もいるでしょう。

ここでは、旅行時のマグの洗い方、消毒の仕方について紹介します。

スポンサーリンク



赤ちゃんと旅行に行ったらマグはどうやって洗う?

普段のお出かけと同様に、マグを旅行に持っていく場合、どこでどのように洗浄して、どうやって消毒したらよいのでしょうか。

実家への帰省のような小旅行であれば、ある程度自宅と同様のケアができますが、通常の旅行であれば勝手が違うことが多々あることでしょう。

湯冷ましやお茶のほか、飲料をマグに入れて持ち運ぶ場合には、水洗いだけでは汚れが取れきれない可能性があるので、やはり赤ちゃん用の洗剤が欲しいかと思います。

とはいえ、家庭で使用している洗剤をそのまま持ち運ぶことは、かさばりますし荷物になります。

1回当たりの洗剤の使用量はごく少量ですので、100円均一などで小さな容器を購入して旅行時の持ち歩きよう洗剤として持っておくと便利です。

また、赤ちゃんを連れた旅行時には、マグをひとつだけにするのではなく、複数個もって行くことをおススメします。

多少の荷物にはなりますが、汚れたら水で軽く洗い流す程度として、汚れたら新しいマグを使う、と割り切ってしまえば洗浄や消毒のストレスはなくなりますし、旅行中は楽ができるうえに安心ではないかと思います。

スポンサーリンク



赤ちゃんのマグのストローの洗い方は?

赤ちゃんのマグはいくつかのパーツに分解することができますので、細かいところまで洗うことができるようになっています。

ところが、ストローの中を洗浄することは難しく、洗剤をストローの中に入れて洗うことはできないというのが正直な感想です。

洗ってもよく乾燥させないとすぐにカビが生えてしまいますし、几帳面なお母さんであれば、汚れがとれていないのではないかと心配になってしまうことでしょう。

可能であればストローは使い捨てにしたいところですが、マグのパーツのひとつであればそうそう毎回捨てるわけにも行きません。

前述のように、ストローの中に洗剤を入れることは難しいので、できるのは流水で汚れを洗い流すくらいかと思いますが、マグ用のストローは少し太いつくりになっていますので、例えば、綿棒の先の部分をストローに入れて、爪楊枝などの細いもので汚れを拭きとってしまう、という方法もあります。

これは、汚れが目立っているときに参考にしていただきたい方法ですが、日常の洗浄ではマグと一緒に洗剤に浸け置き洗いをすることで大丈夫かと思います。

赤ちゃんのマグの消毒はどうしたらいい?

マグの消毒は使用の都度行うことが望ましいでしょう。

生後6ヶ月以降であれば、あまり神経質にならなくとも大丈夫ですので、普段どおりの洗浄方法とすればよいかと思いますし、マグでなくともカップを使ってゆっくり飲ませるという方法があります。

ですが、生後6ヶ月未満の赤ちゃんが使用する場合には、消毒することを習慣にしたほうが良いことは事実です。

家庭での消毒方法としては、スチーム消毒や煮沸消毒といった方法が一般的に日常の消毒方法として知られてはいますが、漂白剤やオキシクリーンへの浸け置き洗いによる消毒という方法もあります。

スチーム消毒ではある程度大きさのある鍋が必要になりますし、スチーム消毒のためには専用の容器が必要になります。

漂白剤やオキシクリーンは便利ですが、その容器を持ち歩くことは難しいでしょう。

そこでおススメなのが、電子レンジで使えるスチーム消毒用バッグです。

赤ちゃん用品を取り扱っているお店で販売されていますが、1枚を数回使用できるタイプですので、旅行時に1枚もっておくと便利です。

旅行先であっても、滞在先のホテルやコンビニで電子レンジはあるでしょうから、そこで消毒することができます。

まとめ

様々な方法があるかとは思いますが、ここでは、ひとつの方法を紹介をしました。

旅行先でのマグやストローの洗い方、消毒の仕方について参考にしていただければと思います。

スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA