冬の結婚式の靴やストッキングは寒かったらどんなのがいい?着替えを会場ですれば寒い格好でもいい?


結婚式に招待されると嬉しいものですが、どのような服装にしようか迷ってしまいますよね。

特に冬場の結婚式では、寒さや降雪があると、靴やストッキングをどうしようかと考えてしまうものです。

ここでは、冬の結婚式に出席するときの足元の装いや会場での着替えについて説明します。

スポンサーリンク



冬の結婚式の靴はどんなのがいい?

冬の結婚式では、靴選びに迷ってしまうことかと思います。

雪が降っていれば、防寒対策やスベリ対策のためにブーツを履きたいとも思いますが、結婚式というフォーマルな場であれば、やはりパンプスが望ましいでしょう。

少し荷物にはなりますが、会場まではブーツで行って、式への出席中はパンプスに履き替えるようにしましょう

会場まで車で移動するのであれば、式に出席するそのままの格好でも良いでしょうが、公共交通機関を使ったり、徒歩移動が多いのであれば、足元が悪い時期や寒い時期には、移動するだけでも大変です。
結婚式がカジュアルなものか、フォーマルなものかによって服装やそれに合わせた靴も変わってきますので、事前にどのようなスタイルなのかを確認しておきましょう。

多くの場合、冬の時期の結婚式であれば、室内で行われ、十分に暖房が聞いているはずです。

雪が降る地方の場合には特に、屋内の気温の低下を防ぐためにも、暖房の温度は低めに設定されているということは少ないのが現状です。

防寒対策も大切ですが、移動時に適した靴、結婚式に適した靴を使い分けて、どちらのファッションも楽しみましょう。

スポンサーリンク



冬の結婚式のストッキングはタイツでもいいの?

冬にドレスとストッキングは、正直言って寒いです。

足元だけでも暖かくしたい、ということから厚手のタイツにしたいと考える人も多いのではないでしょうか。

前述しましたように、冬の時期の結婚式では、屋外は寒いものの、屋内では薄着で過ごせるくらいの温度が保たれていることがほとんどです。

外が寒いからといって、厚手のタイツを履いてしまっていては、屋内での式中にとても暑い思いをしてしまいます。

式の最中に暑くて汗をかいたり、足が蒸れたり、ということを防ぐためにも、ストッキングの着用がおススメです。

また、着用する服の色については、結婚式では黒色のストッキングは場に適した色とはいえません。

おめでたい席ですので、明るめで落ち着きのあるベージュのストッキングが好ましく、少し光沢のあるものであるとなお良いでしょう。

もし、どうしても、ということであれば、ベージュのストッキングの重ね履きという方法もあります。

この場合は、上に重ねるストッキングは少し光沢のあるもののほうが、色に違和感が少なくなります。

いずれにせよ、色としては明るいベージュが好ましい、ということは覚えておきましょう。

冬の結婚式のときは着替えを会場でしてもいい?

冬の結婚式では、屋外と屋内の温度差や、降雪の有無によってそれぞれの服装選びが必要になります。

少し早めに会場入りして着替えをしようと考える人もいるでしょう。

親族であれば控え室がありますので、そこで着替えをすることも可能です。

では、親族以外のゲストはどうすればよいのでしょうか。

会場にもよりますが、ゲスト用の着替えスペースが確保されていることが多いので、そこで着替えをしたり、化粧を直したり、髪を整えたりすることができます。

もちろん他にも利用者がいますので、時間に余裕を持っておかないと、着替えなどする時間を確保することができなくなりますので、余裕を持った行動をしてくださいね。

当日にフロントに聞いてみると、着替えができる場所の案内をしてくれますが、事前に会場に問い合わせても良いですし、結婚式のホストである花婿や花嫁に事前に聞いておくとよいですね。

今回は冬の結婚式会場を想定して紹介しましたが、ゲストの着替えスペースのある会場では、季節を問わず利用することが出来ます。

気を使って、トイレで着替え、ということをせずとも良いので、そのようなサービスがあるということを覚えておくとよいですね。

まとめ

防寒対策も大切ですが、結婚式では、その場に相応しい格好をするように心がけてください。

会場での着替えも出来ますので、着替えスペースについて事前に確認しておきましょう。

スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA