チーズフォンデュのチーズが固まるのを防いで最後までとろとろで分離しないようにするには?


フランスパンや温野菜のチーズフォンデュを、自宅で楽しんでいる人も多いでしょう。

チーズは、固まったり、分離したりすることがありますが、ポイントを抑えることで、そのようなことを防ぐことができます。

ここでは、チーズフォンデュを最後まで美味しく食べるコツを紹介します。

スポンサーリンク



チーズフォンデュのチーズが固まるのはどうして?

チーズフォンデュは、温めた白ワインや牛乳にチーズを溶かして作ります。

チーズがうまく溶けずに固まってしまうことがありますが、この原因としては、ワインや牛乳等が充分温まっていない、チーズの量が多すぎる等の理由が考えられます。

ご存知のようにチーズは、鍋で温めなくとも室内においておくだけで溶けてしまいます。

そのため、先に温めている白ワインや牛乳が充分な温度に達する前にチーズを入れてしまうと、チーズが先に溶けてしまい、全体に良く混ざる前にチーズだけがくっついてしまうのです。

また、一度に多くのチーズを入れてしまうと、同じく全体に混ざることができなくなり、チーズだけで固まってしまいます。

そのため、上手にチーズを溶かすためのポイントは、チーズを混ぜいれる前に、白ワインや牛乳を十分温めておくこと、そしてチーズを入れるときには、数回に分けて少しづついれることです。

チーズフォンデュ用のチーズは、どんなものでも構いませんが、固形のチーズを使用するときには細かく刻んだり、すりおろして、また、ピザ用チーズのように、細かく刻んだチーズを使うと失敗が少なくなります。

スポンサーリンク



チーズフォンデュを最後までとろとろで食べるには?

チーズフォンデュをとろとろの状態で楽しむためには、一定の温度で保温することが大切です。

しかし、鍋の中では、どうしても鍋肌部分の温度が高くなってしまうために、中心付近との温度にムラができてしまい、チーズ全体を一定の温度に保つためには定期的に攪拌する必要があります。

そのため、食べるときのポイントとしては、具材にチーズをつけるときに、鍋底から救い上げるようにして、温度のムラを減らすようにします。

具材をつけたまま、チーズをかき混ぜようとすると、ほぼ間違いなく具材はチーズの中に落ちてしまいますので、具材をチーズの中に落とさないように注意して、あくまで救い上げるようにすることを意識してください。

最後までとろとろの状態で食べるためには、食べ始めも肝心です。

チーズが溶けてチーズフォンデュが出来る状態になったら、すぐに食べ始めましょう。

保温し続けると、どうしても水分が蒸発してしまってチーズが固まりやすくなります。

すぐに食べないのであれば、一度火をとめて、食べるとき再度温めなおしてください。

また保温するとき、温めなおすときにも高温になりすぎないよう気をつけましょう。

チーズフォンデュが分離したら復活させる方法は?

チーズフォンデュを作ると、チーズが水分と油分に分離してしまうことがあります。

この原因は単純なことで、チーズの油分と白ワインや牛乳の水分が充分に混ざっていないためです。

一度分離してしまうと、元に戻すことが難しく感じられますが、とろみを加えることで、分離したものを復活させることができます。

チーズフォンデュを作るときには、チーズにコーンスターチや片栗粉を事前に振り混ぜておきますが、これには、とろみをつけて分離を防ぐ役割があります。

このことから、同様の方法で分離したものを復活させますが、チーズフォンデュにただ振り混ぜてしまうとダマができてしまいますので、温めた牛乳に粉を入れてよく混ぜ、それを少しずつ分離してしまったチーズフォンデュに入れていきます。

様子をみながらの作業になりますが、徐々にとろみがでてきて、水分と油分が混ざってきます。

ゆっくりかき混ぜていくと、次第に分離していたものが復活しますので、ぜひ試してみてください。

このとき使用した牛乳は、チーズが固まってしまったときにも使うことができますので、牛乳+コーンスターチ(または片栗粉)と覚えておくとよいでしょう。

まとめ

ここでは、チーズフォンデュを美味しく食べるためのポイントを紹介しました。

ぜひ参考にして、自宅で美味しいチーズフォンデュを楽しんでください。

スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA