袖丈の着物と長襦袢で袖丈が長い時の調整の仕方は?

着物の下に着る長襦袢は、外から見えないから、どんなものでもいいのかな・・と思っていらっしゃる方はいませんか?

それは、大きな間違いなのです。

着物は洋服とは違って、衿、袖口、振りから襦袢が見えてしまいます。

ちらりと見えるのは上品でいいのですが、着物の袖から長襦袢がパタパタを見えてしまうのは、せっかくの着物姿なのにとても残念なものです。

長襦袢の寸法は、着物の姿をより美しく見せるためのベースとなるものなので、とても大切なのです。

では、長襦袢の袖丈が着物の袖丈よりも長かった場合、どうすればいいのでしょうか?

長襦袢の袖丈が長い場合の対処方法についてのアドバイスをお伝えします。

スポンサーリンク



袖丈は着物と長襦袢のバランスは?

長襦袢は、着物とのつり合いや体型に合わせたものを準備するのがいいです。

長襦袢のサイズは、

・身丈
長襦袢の身丈は身長の8割くらいが基本です。

または、着物の身丈より30㎝短くします。

おはしょりがないので、体型にあわせて着物の裾から出ない長さにします。

・裄
裄は、肩幅+袖幅になります。

襦袢の裄は、着物の裄より2分ほど控えた長さにします。

・袖幅
これも着物より2分ほど控えます。

・袖丈
着物より内側になるので、その分袖丈も控えます。

裄、袖幅と同じように2分ほど控えます。

・袖付
着物を着ていて、袖付が見えると見苦しいので、着物の付け寸法より2分ほどマイナスにするのが一般的です。

・袖口
着物の袖口から襦袢のふさが見えないように、着物の袖口寸法より2分ほどプラスします。

・肩幅
着物と同寸にします。

基本的に着物と長襦袢は同じ寸法で仕立てます。

しかし、着物の振りや袖口から見えないように、2分ほど控えることがほとんどです。

着物と長襦袢を一緒に仕立てていないときは、寸法が微妙に違うものです。

そんなときは、長襦袢が着物の袖口や振りから出ないように調整することが大切です。

スポンサーリンク



長襦袢の袖丈が長いときは?

最近の着物の袖丈は、1尺3寸、㎝に直すと49㎝に仕立てられていることが多いです。

しかし、着物を普段着にしていたころのものは、好みの長さの袖丈にしていたので、長さはまちまちです。

アンティークの着物を着るときには、その着物に合わせて長襦袢を準備していては大変なことになってしまいます。

長襦袢の袖丈が短いと、振りから出てしまい、袖が4枚になってしまいます。

これは、着物姿としては、ちょっと見苦しいです。

このような場合は、着物の袖丈を短くするしか方法はありません。

逆に、長襦袢のほうが袖丈が長い場合もありますね。

この場合は、長襦袢の袖や裄を調整することで問題解決します。

着物のお直しは自分でするのは難しいのですが、長襦袢をの袖や裄を短くすることは自分でも意外と簡単にできます。

長襦袢の袖丈の調整は?

いただいた着物やアンティークの着物を着る場合、手持ちの長襦袢のサイズとは合わないことがあると思います。

そんなときに時間や手間をかけずに襦袢の袖丈を調整する方法です。

長襦袢の袖丈の調整方法は、

・袖丈が長い場合は、袖の中央部分を折って、軽く縫う

・裄が長い場合は、肩あたりをつまんで軽く縫う

という方法があります。

これは、自分でも簡単にできるカジュアルに着る着物での対処法です。

フォーマルな着物の場合は、きちんとお直しをしてもらうほうがいいです。

まとめ

着物を着ようと思ったときに、襦袢のサイズが合わないなどのハプニングはあるものです。

せっかく着ようを思ったのだから、そこで諦めるのは残念ですよね。

袖丈が長い場合は、今回紹介した方法で乗り切ることができます。

着たい着物を着たいときに着られるようにしてみて下さいね。

スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA