ロングコートの丈の目安は?身長が低いと似合わない?身長別の選び方は?

寒くなってくると、コートが手放せなくなりますね。

コートの中でもより暖かいロングコートは冬の味方です。

でも、ロングコートは存在感が強いため、身長が低いと、バランスが取りづらく、なんだかコートに「着られ」てしまうような感じになってしまうことも多いです。

諦めないで下さい。

身長が低い方でも、コツさえつかめば、ロングコートでの素敵な着こなしを楽しめるのです。

身長の低い方の重たく見えないロングコートの選び方と身長別のロングコートの選び方のポイントについてお伝えしていきます。

スポンサーリンク



ロングコートの丈の目安は?

コートは丈の長さによって、ショート、ミディアム、ロングのタイプに分かれています。

一言で「ロングコート」といっても、コートの長さはさまざまです。

一般的にはおしりまですっぽり隠れてしまう、膝下より長いタイプのものをロングコートといいます。

ものによっては、足首まであるものもロングコートです。

そんなロングコートですが、長さだけではなく、コートの形によっていくつかの種類に分けられます。

元々はイギリス海軍の防寒・防水用として使っていたトレンチコート、海軍で着用していたボタンがダブルのロング丈のPコート、漁師の防寒用であったダッフルコート、昼夜兼用の正装用コートであるチェスターコート、襟のないノーカラーコートです。

これらがロングコートでよく着られているタイプです。

スポンサーリンク



ロングコートは身長が低いと似合わない?

コートの特徴を考えて選ぶと、身長の低い方でも素敵なコーディネートになります。

身長の低い方が黒などの暗いカラーのロングコートを着ると、どうしても重たい印象を与え、コートが悪目立ちしてしまいがちです。

そこで、明るめのグレーやベージュなどの色のコートを選ぶと重たさを感じにくくさせます。

また、ロングコートはどうしても足元にボリュームが出やすくなるので、身長の低い方にとってはより身長を低く見せてしまいがちです。

そこで、顔まわりにアクセントがでる襟が大きめなものを選ぶと全体のバランスが取りやすくなります。

コートの中のバランスにも気をつけるといいです。

インナーは、トップスとボトムスを同系色に揃え、さらにボトムスは細身のスキニーなどにして、Iラインにすると縦の長さが強調されるので、すっきりとした印象になります。

このように、全体のバランスを考えたコーディネートにすると、身長の低い方でもロングコートを素敵に着こなせます。

ロングコートの身長別の選び方は?

身長150~155㎝の低身長さんの場合、ロングコートの中でもミディアム丈、ひざ丈のものがいいです。

その中でも、ストレートシルエットのものを選ぶといいです。

トップスは、明るい色のものにし、ボトムスにインするとウエスト位置を高く見せるので足長効果もあります。

また、ヒールの高めの靴を選ぶと、より足長効果が高まり、すっきりとした着こなしができます。

平均的な身長の160㎝くらいの方は、どのタイプでも素敵に着こなせると思います。

インナーのタイプに合わせたコート選びを楽しんでみてはいかがでしょうか。

身長165㎝以上ある高身長の方は、その身長を生かして、足首近くまであるロング丈でボリュームのあるタイプがおすすめです。

ボリュームのあるタイプのロングコートは、やはり165㎝以上ある方でないと、コートに着せられている感がぬぐい切れません。

身長を生かしたコート選びを試してみて下さい。

まとめ

「身長が低いから・・」とロングコートを諦めないで下さい。

コツさえつかめば、身長の低い方でも工夫次第でロングコートをバランスよく着こなすことができます。

寒い冬にロングコートを羽織って、颯爽と歩いてみて下さい。

スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA