冬の結婚式のドレスのおすすめは?寒い時の上着はどんなものがいい?

結婚式は、服装のマナーであるドレスコードに悩みます。

それが冬の結婚式であればなおさらです。

防寒に欠かせないタイツ、コートなどの冬の必須アイテムが、フォーマルな場所ではマナー違反とされています。

では、冬の結婚式に出席するときのスタイルのマナーはどのようなものなのでしょうか?

冬の結婚式のゲスト向けの服装マナーについてお伝えしていきます。

スポンサーリンク



冬の結婚式のドレスはどんなものがおすすめ?

結婚式の服装は、フォーマルウエアで出席するのがマナーです。

式場のタイプや時間帯ににより、アフタヌーンドレス、イブニングドレス、セミアフタヌーンドレス、カクテルドレスとなります。

これらのドレスでも、透け感のある素材では寒々しい印象を与えてしまい、季節感がありませんね。

冬のおすすめフォーマル素材は、ベロアです。

温かい質感があり、光沢のある生地なので華やかさが増します。

ほかにもきちんと感のあるジャガード素材もおすすめです。

季節感があるからといっても、ニット素材やコットン素材は華やかさに欠けるので、フォーマルな場で着るのは避けたほうがいいです。

ドレスの素材だけではなく、色にも気をつけたほうがいいですね。

花嫁のドレスと重なる白は避けなければいけませんが、それ以外にもお色直しに着るカラードレスにも配慮し、暖色系の落ち着いた色味のドレスがおすすめです。

例えば、オレンジ、ワインレッド、ブラウン、グリーン、ピンクのシックなおさえめトーンの色合いからドレスの色を選んでみてはいかかでしょうか。

ドレスは、冬だからといって長袖のものにしなければならないわけではありません。

半袖でも大丈夫です。

ノースリーブのドレスもありますが、これは季節関係なく、露出が多すぎてマナー違反になります。

必ずボレロやストールを身につけて、露出を避けるようにして下さい。

スポンサーリンク



冬の結婚式のドレスで寒いときは?

結婚式の会場は空調が効いているので、あまり寒いと感じることはないと思います。

しかし、「寒いかな・・」と軽い気持ちでファーボレロを着てみたい気分になるかもしれませんね。

ファーは、殺生をイメージさせるからということもありますが、ファーが舞って食事に入ってしまうことを避けるためでもあるのです。

寒さ対策の葉織物としては、厚手の素材のボレロやショールを選ぶといいです。

寒い季節なので長袖が重宝しますが、かさばって動きにくいので、半袖や七分袖にする方が便利です。

また、冬は足元が冷えがちです。

寒さ対策にタイツを・・と思いますが、タイツはカジュアルアイテムなのでNGです。

どうしても寒いというときは、ストッキングの2枚重ね、カイロを使うなど見えない努力で寒さをしのぎましょう。

寒いので、ドレスに合うブーツを選びたくなりますが、結婚式などのフォーマルな場でのブーツは基本的にNGです。

会場まではブーツを履いていても、会場で履き替えられるようにして下さい。

冬の結婚式のドレスで上着はなにを着ればいい?

結婚式会場までは、防寒のためコートを着ていくと思います。

このときに気をつけなければいけないのが、コートの種類、素材です。

いくらクロークに預けるからといって、ダッフルコート、ダウンコートなどはカジュアルすぎるのでNGです。

ウールやカシミア素材でフォーマル感のあるデザインのもの、色も白っぽいものは避け、派手過ぎないものを着て下さい。

大体黒やグレーのコートが多いようです。

また、袖や襟元にファーがついているものもありますが、結婚式ではファー素材はNGです。

フラワーシャワーなどではコートを着たまま新郎新婦のお見送りをすることもあるので、気をつけて下さい。

まとめ

結婚式に出席するゲストの服装は、新郎新婦を祝福する気持ちの一つです。

冬の結婚式は、寒さ対策も必要になります。

マナー違反に気をつけて、新郎新婦を祝福しましょう。。

スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA