100均のすのこの強度でテレビ台にしても大丈夫?簡単に作れるの?

100均のすのこは、リーズナブルなうえ、その扱いやすさから、DIY初心者にも使い勝手のいいものであり、DIYには欠かせないものです。

既製品では自分のニーズにあったものがなかなか見つからないということがあります。

そんなときに便利なのが、すのこです。

すのこの形を利用して、縦横さまざまに組み合わせて、オリジナルな家具を簡単に作ることができるのです。

買うとなると結構なお値段のするテレビ台もすのこで作ることができるなんて、驚きではないですか?

すのこで作るテレビ台の作り方、強度など気になることをお伝えします。

スポンサーリンク



100均のすのこの強度は?

すのことは、軸となる太い角材の上に薄い板を間をあけて横に並べ、直角に打ち付けた作られたものです。

縦と横に角材と板を並べただけではなく、間があいているので、その部分から力が抜けていきます。

そのため、1枚の板よりも強度が高いのです。

100均のものだから、強度は弱いのではないかと思われがちですが、強度は値段ではなく、すのこの作りそのものなので、かなり強いものです。

100均のすのこ1枚で、10㎏程度は問題なく耐えることができます。

複数枚合わせることで、すのこの強度はアップします。

スポンサーリンク



すのこをテレビ台にするときの強度は大丈夫?

すのこの板は薄いので、そのままで使用するとテレビを乗せるには強度に問題があります。

そのため、すのこを合わせるときに、しっかりと釘を打ちつけておくことが大切です。

釘を細かく打つことで強度はアップします。

最初は釘を打つことが慣れないかもしれません。

釘を打つ前に、まず木工用接着剤ですのこ同士をくっつけてから、釘を打つとまっすぐに打つことができます。

さらに、100均のすのこは軽い素材でできているので、初心者でも何回かするうちにすぐに釘打ちに慣れてきます。

しかし、大型のテレビ乗せるであれば、それでも不安が残るかもしれませんね。

さらに強度をあげるには、すのこの大きさに合わせて、すのこの下側にツーバイフォーの板を釘で打ちつけるといいです。

すのこでテレビ台は簡単に作れる?

DIYに便利なすのこを使って、テレビ台を作ることができます。

すのこは、さまざまな大きさがありますし、テレビのサイズもさまざまです。

ご自宅で使っているテレビのサイズに合わせて、使うすのこは大きさを調整して下さい。

<用意するもの>
・すのこ 5枚
・木工用接着剤
・釘
・かなづち
・水性塗料、ニス

<作り方>
①縦長に並べた2枚のすのこを向かい合わせにして立てます。

②向かい合わせにしたすのこの裏側の一番下になる段の下駄状の部分に、すのこを1枚、引っかけるようにして渡します。

③下駄状の部分と縦長にしたすのこが接する部分に接着剤をつけて、仮止めをしてから、釘で打ちつけます。

④同じように縦長のすのこの下駄状の部分の中段、上段にもすのこを横に渡して、仮止めをしてから、釘で打ちつけて、固定します。

⑤お好みで色をつけます。色をつけるときは、色を塗る前に表面にやすりをかけ、水性塗料やニスを塗ります。

すのこには板と板の間に隙間があるので、その隙間からテレビの配線も出すことができます。

配線も好きなところから出せるので、見た目にもすっきりします。

まとめ

すのこを使ったテレビ台は、板材を一から切ることなく、手間なく作ることができます。

配線や収納も自分好みに設定することができます。

また、100均で販売されているフェイクグリーンや布などを使って、飾りつけたり、収納したものを隠したりすることもできます。

あなたのアイデア次第で、使い勝手のいいオリジナルなテレビ台を作ることができますよ。

スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA