カメムシの臭いは自然に消える?いつまでも臭う場合の消す方法は?

春や秋には、カメムシをよく見かけます。

このカメムシの出す臭いは、強烈な臭いです。

部屋の中でこの臭いを出されると、なかなか臭いが取れずに困った経験がある方もいるのではないかと思います。

この臭いを消すにはどうしたらいいのでしょうか?

自然と臭いが消えることがあるのでしょうか?

気になるカメムシの臭い対策について、お伝えしていきます。

スポンサーリンク



カメムシの臭いは自然に消える?

カメムシはいる場所では、強烈な臭いがすると思っている方も多いと思いますが、そうではないのです。

カメムシは普段臭いを発生させているわけではないのです。

カメムシの身に危険が及んだときに、外敵から身を守るためや危険を仲間に知らせたりするために、この嫌な臭いを発生させるのです。

つまり、部屋に入ってきたときに追い出そうとして突いたりすると、臭いを発生させるのです。

カメムシの臭いは、アルデヒドが揮発することによって臭いです。

そのため、アルデヒドは揮発しきってしまえば、臭いはなくなります。

つまり、カメムシの臭いは時間がたてば、自然と消えていきます。

スポンサーリンク



カメムシの臭いはいつまで?

カメムシの臭いは時間がたてば自然に消えますが、臭いが消えるまでの時間は、その室内環境、部屋の広さ、密室状況、温度などによって大きく変化します。

数時間で気にならなくなる場合もあれば、1週間以上臭いが消えない場合もあります。

また、人それぞれ臭いの感じ方も違うので、あまり気にならない人もいれば、ずっと臭いがする・・と言われる人もいます。

いつまで気になるのかわからないのも、より不快にさせる原因の一つです。

カメムシの臭いを消す方法は?

カメムシの臭いはイヤな臭いで、その臭いはついているだけで不快な気分になります。

時間がたてば自然に消えるとは言え、できればすぐに消したいものです。

どうやって、あのイヤな臭いを消せばいいのでしょうか?

①暖める
カメムシの臭いの元は、アルデヒドが揮発することによって起こるものです。

つまり、臭いのもとを揮発させきってしまえば、臭いはなくなるのです。

そのため、カメムシの臭いのする部屋を換気しながら暖房で暖める、洋服についた臭いはドライヤーを当てる、スチームアイロンを当てるなどすると、早く臭いを消すことができます。

ただしこの方法は、臭いのもとのアルデヒドを揮発させる速度を早くするだけなので、暖めている最中は臭いを強く感じてしまうことがあるので、注意して下さい。

さらに、臭いが消えるまでの時間はカメムシがどれくらいの臭いを出したかにもよるので、時間の見当がつかないことも注意すべきことです。

②油で溶かす
アルデヒドは、脂溶性の物質です。

そのため、カメムシの臭いのする場所にオリーブ油やサラダ油を塗って、油となじませます。

そのあと、洗剤や石けんを使って、油をふき取ります。

このときに使う洗剤や石けんは、柑橘系の臭いのするものを使うと、取り切れなかった臭いをごまかすことができ、アルデヒドが揮発しきるまで臭いが気にならなくなります。

③天日干し
洋服についた臭いは、天日干しをすることで臭いを消すことができます。

このとき、先にスチームアイロンを当てて、少し臭いを取っておくのがコツです。

まとめ

カメムシの臭いは、なんとも言えないほどの強烈な臭いです。

しかもなかなか取れないくせものです。

臭いがなくなるまで待つしかない・・と思っている方も多いと思います。

即効性はないものの、油や暖めることで臭いのもとのアルデヒドを揮発させる時間を早くすることができます。

イヤな臭いは早く取り去りたいですよね。

一度試してみて下さい。

スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA